シリーズ【アシンメトリ現象を解剖する】6

『 内臓の形はなぜ左右非対称なのか 』

 

 人間の体は、本来は左右対称な形をしている。

 

しかし、内臓の形は左右非対称になっている。

 

どちらも当たり前のこととして聞いているので、だれも気にもとめない話だろう。

 

ではなぜ、体の外側は対称で、内側は非対称という二重構造になっているのか。

 

実はこの疑問からは、思いもよらない話が展開するのである。

 

 

 進化の過程で体の形が左右対称になったのは、効率よく獲物を捕るためだといわれている。

 

一方、内臓がなぜ左右非対称なのかは理由が見当たらない。

 

ひょっとするとわれわれ人類は、いまだ進化の途中であり、内臓もこれから対称な形になっていくのだろうか。

 

 

 ところが実際には、対称に向かうどころか、内臓はより一層、非対称化しようとしている。

 

しかも対称であるはずの体の形まで、近年は急激に左右非対称に向かっているのである。

 

なぜこのような変化が起きるのか。

 

このなぞを解く前に、まずは内臓について少し考えてみよう。

 

 

 日本語というのは語彙の豊富な言語だといわれることが多い。

 

だが、内臓を表現する言葉となると、古くはワタとキモしかなかった。

 

そこからは、日本人は内臓の存在などあまり重視してこなかったことがわかる。

 

 

 魚をさばくとき、私たちはハラワタはみな無造作に捨ててしまう。

 

そして残った身の部分をきれいに切りそろえて、刺し身などにして供する。

 

逆にハラワタだけをきれいに盛り付けてみても、だれもなかなか箸をつけないだろう。

 

肉食動物なら獲物のハラワタから真っ先に食べるものだが、たいていの人はハラワタを見せられると食欲をなくしてしまうはずだ。

 

どうもハラワタというのは見た目が悪い。

 

これは神の美意識でも同じなのだろうか。

 

神は内臓が人目につかないように、体のなかにしまい込む形で人間を創った。

 

しかも内臓の配置も整然としているとはいいがたい。

 

急な来客で、部屋に散らかっている物をあわてて押し入れに突っ込んで、ふすまを閉めたようにすら見える。

 

 

 今どき押し入れに例えるのもどうかと思うが、昭和生まれの日本人にはリアリティがある話ではなかろうか。

 

押し入れだと見れば、横隔膜という仕切り板で分けられた上の段が胸腔で、下のスペースが腹腔だ。

 

胸腔には肺や心臓、肝臓があり、腹腔には胃、腎臓、腸などがしまい込まれている。

 

なぜ上下二段に仕切られているのかも興味深いが、さらにおもしろいのは内臓の対器官の存在だ。

 

 

 対器官というのは、肺や腎臓、卵巣、精巣のように、左右1つずつが対になっている臓器のことである。

 

対器官は左右の両方が同じ機能をもっているので、片方はもう片方の予備的な存在だと考えられ、それ以上の意味は見出されていない。

 

しかし機能は同じでも、それぞれの形は左右で微妙に違っている。

 

その違いは押し入れのスペースの都合によるものだろうか。

 

 

 一般の人間が内臓の形を知ろうと思えば、市販の解剖図に頼るしかない。

 

しかしどの解剖図を見ても、お手本となる臓器を写したかのように似通っている。

 

ところが本物の臓器は、決して解剖図のようにきれいな形はしていないはずだ。

 

胃などはたいてい下垂して変形しているし、臓器によっては老化で萎縮もしているだろう。

 

まして解剖図のお手本になっているのは、生きた健康体の臓器ではない。

 

みな亡くなった人のものなのである。

 

 

 私の考察にしても、そういった解剖図を眺めての判断なので、確定的な話ではない。

 

それでも、解剖図をいくつも並べて眺めていると、内臓の形態にはある種の共通性があることがわかってきた。

 

例えば対器官は、背骨を中心としてそれぞれが左右に振り分けられているが、左は必ず上にある。

 

肺も腎臓も卵巣も、下降する前の胎児の精巣までもが、左の器官は右よりも上体方向に位置しているのである。

 

 

 さらによく見ると、それらはみな一方向に旋回しているような形状になっている。

 

しかもその旋回は時計回りのらせんを描いている点で、「アシンメトリ現象」の動きと符合しているのだ。

 

 

 こういった共通点は、対器官だけの特徴ではない。

 

心臓や胃といった単独の臓器にも、「アシンメトリ現象」と同じ方向のらせんの動きが見てとれるのである。

 

心臓や胃は、もともと体の中心よりも左寄りに位置している。

 

そしてどの解剖図でも、心臓や胃は時計回りに旋回しているように見える。

 

上から見れば、時計回りにねじられながら左側に押し付けられた形になっているのだ。

 

その結果、左の肺も心臓に押し付けられたように変形している。

 

 

 また心臓の場合、大動脈弓や肺動脈、心耳と呼ばれる部分も左側の位置が高い。

 

だから心臓は、先端部の心尖をつまんで時計回りにクイッとひねったような形である。

 

さらに十二指腸も、胃へとつながる部分はやはり時計回りの方向でらせんを描いている。

 

要するに、内臓の形からはことごとくらせんの動きが見て取れるのだ。

 

 

 らせんというのは、方向性を持つことで対称性が破れた状態のことである。

 

内臓の形が左右非対称なのも、そこにはらせんという方向性を持ったシステムが、発生の段階からもともと備わっているからだったのだ。

 

しかも、そのらせんシステムをさらに増強させているのが、「アシンメトリ現象」であるという点は驚きに値する。

 

そして、このように人体のらせんシステムを追究していくと、やはり前々回の当誌(※)でお伝えしたように、結局、ゲーテの形態学にたどりつくことになるのである。

 

※393号【「アシンメトリ現象」がゲーテの形態学を補完する】参照

 

形態や感覚などに見られる「アシンメトリ現象」の特徴50
アシンメトリ現象特徴50.pdf
PDFファイル 79.2 KB
形態や感覚などに見られる「アシンメトリ現象」の特徴50
クリックするとPDFファイルが開きます

(花山水清メールマガジン 「月刊ハナヤマ通信」 

 

 

メールマガジンバックナンバー目次

←後の号                         前の号

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください