『  ダ・ヴィンチ作品に見る「アシンメトリ現象」前編 』

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 377号(2018年3月配信)

 

 

 人体に見られる、病的で規則的な左右非対称性を意味する「アシンメトリ現象」。

この現象は、一体いつ頃から存在していたのだろうか。

現代になって突然出現したものなのか、はたまた太古の昔からあったのか。

それがずっと気になっている。


 古病理学には、過去の時代の絵画や彫刻に表現された人体を観察することで、当時の疾患を探る手法がある。

また人類学では、古人骨に残された痕跡から、生前の疾患を推測する。

これらの手法を基にして、私も日本の鑑真和上像や古代ペルーの古人骨と象形土器に、「アシンメトリ現象」を見つけ出したのだ。


 それらが立体に写し取られているものであれば、「アシンメトリ現象」の存在を確認することはたやすい。

しかし、絵画のように平面に表現されたものとなると、その存在の証明は非常に困難だ。

「アシンメトリ現象」特有の左右差があるかどうかを見分けるには、平面に描かれた人物ができるだけ正面を向いている必要がある。

ところが、肖像画を始めとする人物像には、直立不動で真正面から描かれた作品などまず見当たらない。

芸術性の高い肖像画は、必ずといっていいほど斜め横を向いており、人物像には何らかの動きが表現されている。

仮に顔を正面から描いてあったとしても、それ1枚だけを見て、立体としての左右非対称性を証明することは難しい。

しかも大前提として、作者がモデルを正確に写し取っているとは限らないし、モデルそのものが実在するかどうかもわからない。

われわれは絵画を見て錯覚することが多いが、見るものに錯覚を起こさせることが、画家の意図するところでもあるのだ。


 確かに、絵画の世界ではルネッサンスの頃から、遠近法や透視図法などが発達し、極めてリアルな作品が登場するようになった。

なかには、リアルなイエス・キリスト像も数多く残されているが、作者のだれ一人としてイエス本人を直接見たことなどないのだ。

つまり、表現がリアルだからといって、それが見たままの姿を再現していると考えるわけにはいかないのである。

これは、新約聖書の中の一文字たりとも、イエスによって書かれたものではないのと同じことだ。


 現代に暮らすわれわれのまわりには、生まれたときから写真や映像があふれている。

そのため、リアルに描かれた絵画に対しても、つい写真を見るのと同じような感覚で捉えてしまう。

専門の研究者でさえ、絵画のリアリズム表現を、写真のように正確なものだと錯覚して、研究の資料にすることがあるのだ。


 例えば、もう10年以上も前になるが、「モナ・リザは高脂血症だった」と書いて日本で話題になった本がある。

イタリアの解剖医が、「モナ・リザ」のまぶたにある膨らみを指して、眼瞼黄色腫ではないかと推測した話が元ネタになっているようだ。

だが、油絵を描いてきた私から見れば、あれは油絵にはよくあるもので、作者が意図していない絵の具の変化に過ぎないと思う。

けれども、その本が話題になって以来、日本ではあたかもそれが事実であるかのように広まってしまった。

もしその程度の根拠で「モナ・リザ」が高脂血症だと判断されるならば、ピカソの「泣く女」のモデルは、顔面複雑骨折だったという話になる。

眼瞼黄色腫のような病変をわざわざ描き込んでいたなら、「モナ・リザ」は名画として評価されることもなく、歴史に埋もれていたことだろう。


 だが高脂血症はともかく、「モナ・リザ」には「アシンメトリ現象」の特徴が見られるのである。

いうまでもなく「モナ・リザ」はレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作であり、日本でも知らない人はいないはずだ。

私も20代の頃、ルーブル美術館で実物を見た。

当時はこの世界的な名画を前にしても、「あ、これか」という程度の感想しかもたなかった。

しかし、今は違う。

「アシンメトリ現象」という基準を得た現在の私は、絵画の見方も全く変わってしまったのだ。


 もちろん、「モナ・リザ」の顔が左右非対称である点は、以前から専門の研究者たちも指摘している。

顔の左半分は悲しみを、右半分は喜びを表しているとか、いや、顔が半分ずつ男女に描き分けられているのだ、などといった憶測を呼んできた。

だが、「モナ・リザ」の左目が小さく、鼻は微妙に左に曲がり、左の口角が上がっているように見えるのは、単なるダ・ヴィンチの作意によるものではない。

これらは、モデルとなった女性の「アシンメトリ現象」を、正確に写し取った結果なのである。

しかし、「モナ・リザ」は顔全体が少し横を向いているので、私は左右の形の違いに確信がもてないでいた。

それが最近になって、新たに左右非対称を実証できるダ・ヴィンチ作品が、出現したことによって、「モナ・リザ」に対する認識も変わったのである。


 その作品とは、あの「サルバトール・ムンディ」(※1)のことである。

この油彩作品は、2017年11月に美術作品史上最高価格(約508億円)で落札されたことで話題になった。

「サルバトール・ムンディ」とは「世界の救世主」という意味であるから、これはイエス・キリストの肖像画である。

この作品については、長いあいだ真贋論争が続いていたそうだが、この度、正式にダ・ヴィンチの作品だと認定されて、その美術的価値よりも、金銭的な価値が跳ね上がったことで名を上げた。

実はこのときまで、私はこの作品の存在を全く知らなかった。

けれども、今回初めてこの作品の写真を目にして、即座にダ・ヴィンチの作だと確信できた。

表現としての男女の違いはあっても、「モナ・リザ」と同じモデルを基に描いていることがわかるからだ。

それがわかるのは、これらの作品には、共通した「アシンメトリ現象」が見られるからなのである。


 「モナ・リザ」同様、「サルバトール・ムンディ」の顔が左右非対称であることも、多くの研究者によって指摘されている。

両者とも、左の目が小さく、鼻は左に曲がり、左口角が上がり、左の頬がこけている等の「アシンメトリ現象」的な特徴がある。

しかし、それだけでは「アシンメトリ現象」の証明としては弱い。

ここで私にとってもっとも重要なのは、鎖骨のくぼみなのである。

「モナ・リザ」も「サルバトール・ムンディ」も、あるべきはずの鎖骨のくぼみが同じように消えてしまっているのだ。

だが、「アシンメトリ現象」で鎖骨のくぼみが消えるのは、女性に多く見られる特徴である。

それが、男性であるはずの「サルバトール・ムンディ」にも、はっきりと現れているのは妙だ。

また、「サルバトール・ムンディ」の胸の肉付きは、どう見てもあまりにも女性的である。

「洗礼者ヨハネ」のように、ダ・ヴィンチは中性的な人体を好んで描く傾向はあるものの、やはり「サルバトール・ムンディ」のモデルは、女性だと見て間違いないだろう。

 
 さらに「サルバトール・ムンディ」は、肖像画としては珍しく、真正面を向いた姿で描かれている点にも注目したい。

なぜ、正面を向いているのか。

ダ・ヴィンチほどの描き手が、イエス・キリストを題材にしておきながら、たまたまそうしたとは考えにくい。

そこで、彼の思考のベースを知る上で重要になってくるのが、ウィトルウィウスの存在なのである。


 ダ・ヴィンチの作品に、「ウィトルウィウス的人体図」(※2)という有名なドローイングがあることで、彼の名前をご存じの方もおられるだろう。

円と正方形の同心の図形の中に、両手両足を広げた裸体の男性像が描かれたおなじみの図である。

この作品は美術の世界だけでなく、医学の世界でもシンボル的な使われ方をしているので、だれでも一度は目にしたことがあるはずだ。


 このウィトルウィウスは、ローマ時代の著名な建築家である。

彼は、左右対称な体は神の姿の現れであって理想の形である、という古代ギリシアの価値観を継承していた。

そして、神殿建築も神の姿の現れである左右対称を基準にしている、とその著書『 建築論 』のなかでも書いているのである。

多くのルネサンスの画家たちと同様、ダ・ヴィンチもウィトルウィウスにかなり傾倒していたようなので、左右対称については常に意識していたはずだ。

まして、「サルバトール・ムンディ」はイエス・キリスト像である。

「神」の子であるイエスの御姿を表現するためには、ぜひとも左右対称を強調する必要があったのだろう。

それが、この作品が真正面の姿で描かれた理由ではないかと私は思うのだ。 

             【 次号へ続く 】       
                          (花山 水清)


  ※1「サルバトール・ムンディ」 https://tinyurl.com/y7z52w7g

  ※2「ウィトルウィウス的人体図」 https://tinyurl.com/ya62k8nz

(花山水清メールマガジン 「月刊ハナヤマ通信」 

 

 

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

Cookie Policy | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください