『 モルフォセラピーが腰痛治療のスタンダードになる 』

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.376 Feb.2018


 2018年1月現在の医学では、腰痛の80~85%は精神的(心理的)ストレスが原因だと考えられている。
しかし前回の当誌では、精神的ストレスは腰痛の原因ではないと断言した。
そこで今回は、残りの15~20%の腰痛についても考えてみようと思う。
 
 その15~20%の腰痛に対して、病院でつけられる病名のうち最も一般的なものは、腰椎椎間板ヘルニアと脊柱菅狭窄症である。
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板に亀裂が入って中の髄核が飛び出し、それが神経に当たることで腰痛になるといわれる。
また脊柱菅狭窄症では、脊柱管に骨棘ができて、その骨棘が神経を圧迫することで腰痛になると考えられている。
これらは、検査画像による所見と症状との間で因果関係がはっきりしているから、それを手術で切除することは、治療として妥当だと判断されているのだ。
ところが実際には、手術で原因を取り去っても痛みが消えなかったり、手術で痛みが消えても、また同じ痛みが出現したりするのである。
これはまるでミステリーではないか。

 例えば指にトゲが刺さったら、トゲを抜けばその場で痛みが消えるはずだ。
それなのに、トゲを抜いても痛みに変化がなかったり、後から痛みがぶり返したりすることなどありえない。
しかし腰痛の手術となると、このありえないことが起きるのだから、ミステリーなのだ。
このなぞについては、前著『からだの異常はなぜ左に現れるのか』のなかで解いてみせた。

 なかでも特に私が疑問を感じるのは、痛みが消えなかった症例ではなく、手術で痛みが消えてしまったほうの症例である。
多くの医師は、痛みが消えたのは手術をしたからだと信じ切っているし、患者もそう信じ込まされる。
そして、手術で痛みが消えなかった場合には、「時間が経てばそのうちよくなる」と説明され、再発した場合には、「気のせいだ」となる。
あくまでも手術の実施は妥当だったと主張するのだ。

 しかし私は、手術患者の腰痛が消えたのは、手術前後や手術中に使用した鎮痛剤や麻酔薬の効果ではないかと疑っている。
実際、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されても、手術せずに鎮痛薬を使い続けているだけで腰痛が消えることがある。
医師たちも、それを期待して投薬しているはずだ。
すると、手術を受けた患者にだって、同じことが起きたと考えることができる。
また、薬を使わなくても時間が経てば、自然に腰痛が消えることも珍しくない。
ヘルニアなどは、いずれ異物として免疫細胞に捕食され、体内に取り込まれてしまうのだ。
やはり、本当に手術が必要なのかは疑わしいと思う。

 そこで、純粋に手術の有効性を知りたいと思えば、手術実施の群(A)と手術なしで鎮痛剤・麻酔薬投与だけの群(B)とで、両者の治癒率の違いを疫学的に調査しなければいけない。
だがもし調査の結果、AB両群に違いがなければ、過去におこなわれた手術はすべて無意味だったことがわかってしまう。
そうなれば医学史に残る汚点となるから、この手の調査が実施される見込みは薄い。

 ではなぜ、私には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄が、腰痛の原因ではないとわかるのか。
それは、私は今までヘルニアや狭窄症と診断された人々をたくさん診て、彼らの多くは腰椎のズレを戻すことで痛みが消えるのを確認しているからだ。
ヘルニアだろうと狭窄だろうと、骨がズレて痛みを出している点については、他の腰痛患者と同じであったし、手術しても消えなかった痛みや、手術後に再発した痛みであっても違いはなかった。
骨のズレを戻したからといって、ヘルニアや骨棘が消えるわけではないから、それらが腰痛の原因ではなかったことがわかるのだ。
 
 そもそもヘルニアや狭窄が腰痛の原因だというのも、単なる思い込みにすぎない。
症状もないのに検査を受けるような人はまずいないから、ヘルニアや狭窄の存在は、腰痛で受診して検査を受けて初めてわかる。
しかし、実はヘルニアや狭窄そのものは、腰痛のない人にも見られる現象なのである。
特に骨棘などは加齢による現象であるから、年をとればだれでも狭窄になっているのだ。
そんな単なる老化現象をさして、腰痛の原因だと決めつけるのはムリがある。

 さて、こうやって一つ一つ見ていくと、結局これまで医学上、腰痛の原因だとされてきた精神的ストレスもヘルニアも狭窄も、ことごとく見当違いだったことがわかる。
つまり腰痛の原因は、ほとんどが単なる腰椎のズレなのだ。
この考えに異論がある人は手術を受けてしまうかもしれないが、外科手術にはリスクが伴うことは覚悟しておく必要がある。

 一方、私が普及しているモルフォセラピーは、侵襲性の極めて低い非常に安全な療法だ。
徒手によって、服の上から骨のズレをやさしく定位置に戻してやるだけである。
かんたんな技術だから、だれでもできる。
協会の指導者の話では、ある程度技術をマスターした人なら、腰痛に対する矯正の効果は7~8割にもなるそうだ。
本来どんな治療法でも、その3割はプラセボ効果である。
野球なら3割打てば強打者といわれるなかで、7~8割の打率があると考えていただければ、この数字のすごさが実感していただけるだろうか。
医療関係者はもとより一般の人も、そんなはずはないと思うだろう。
しかしモルフォセラピーの最大のポイントは、再現性があることなのだ。
再現性というのは科学の基本であり、理論に基づいておこなえば、私だけでなくだれでも同じ結果が出せるという意味である。

 もちろん、7~8割の人が効果を実感できたとしても、残りの2~3割に効果が見られないのも事実である。
とはいえ、7~8割の効果というのは、矯正したその場での感想である。
効果がなかった2~3割の人でも後日効果が現れたり、何回か矯正した後で効果が現れる場合もあるのだ。

 こういった実績を見れば、モルフォセラピーはもっと多くの人に提供されるべきだと思う。
そう考える人のなかには、プロとしてではなく身近な人たちのために献身を続ける人もいる。
数年前にモルフォセラピーを習った40代女性のMさんもその一人だ。

 彼女は、勤め先の会社の社長や同僚、お得意様などの骨のズレを、無料で矯正してあげている。
その影響は、下手なコンサルタントに頼るよりも会社経営にとってプラスだろう。
昨年のクラス会に出席した際にも、腰痛で苦しんでいる人を見かねたMさんは、その場でサッと矯正して治してあげた。
その効果を初めて見た人には、奇跡に見えたことだろう。
そこから急遽、クラス会は「モルフォセラピー講座」になったそうだ。
だが、今年は仕事が立て込んでいるので、Mさんはクラス会に参加できそうにない。
それを聞いたクラスメイトは、「え~なんで出ないの、腰が痛いのに~」とガッカリしていたという。

 また彼女は、人間だけでなくペットの犬にもモルフォセラピーを実践している。
脊椎動物である以上、犬にも人間と同じ効果が見られるのだ。
人間と違って、動物にはプラセボ効果は見込めない。
治ったか治っていないかは、体の反応だけからしかわからない。
しかし、今まで歩きにくそうにしていた犬が、矯正後は普通に歩くようになるのだから、それで十分だろう。
それを知って、積極的にモルフォセラピーを取り入れようとしている獣医さんもいるぐらいだ。

 このモルフォセラピーの習得には大したお金も時間もかからないし、道具もいらない。
家族でおこなえば、スキンシップによってお互いの信頼関係も深まる。
さらに、一度習得してしまえば一生涯使える技術なのだから、こんな結構な話はないだろう。
だれに不満があろうか。

 ところが一部、腰痛治療を生業としている人たちにとっては、どうも都合が悪いらしい。
自分たちプロでも治せない腰痛を、ズブの素人にいとも簡単に治されてしまっては困るのだ。
そういう困った人たちから、モルフォセラピーはさまざまな批判を受け続けている。
なかでもユニークなご意見は、医学常識を疑って理論を構築している私に対して、「ハナヤマ理論は医学常識と違う」という批判であった。
冗談のような話だが、医者でもないのに医療に口出しするなといいたいらしい。
しかし、人数からいえば泡沫にすぎないわれわれを、敢えて攻撃するのは、それだけ関心が強いということだろう。
 
 だが、確信をもってここに断言しておくが、この手技はいずれ腰痛治療のスタンダードになる日が来る。
だから彼らにも、早いところモルフォセラピーを習いに来てもらいたい。
それが目の前の患者さんたちのためになるのだから、妙なプライドは捨てるべきだ。
そのために、モルフォセラピーの門戸はいつでもだれに対しても、開放されているのである。


(花山水清メールマガジン 「月刊ハナヤマ通信」2018年2月号) 

 

 

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください