『 腰痛の原因は精神的ストレスではない 』

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.375 Jan.2018


 昨年の暮れ、武蔵野美術大学の関野吉晴先生に呼ばれて、課外講座で2度
目の講演をおこなった。

今回は日程が急に決まったため告知が直前になってしまったが、それでも大
勢の人が参加してくださった。

この講演のテーマは「医学を超える美術」だったので、かつて美大生だった
私が、医学に目覚めてから20年で構築した理論について話をさせていただ
いた。


 関野吉晴先生といえば、テレビ番組の「グレート・ジャーニー」シリーズ
で有名な冒険家である。

医師でもあり文化人類学者でもある彼は、アマゾン流域の自然のなかで暮ら
す、ヤマノミという南米の先住民族と起居を共にし、彼らの健康状態をつぶ
さに観察してこられたそうだ。

その話のなかで、ヤマノミには腰痛患者はいなかったと聞いたことがある。

当然そうだろうと私も思う。

しかし、日本を始め世界中で、腰痛患者は増え続けているのである。

一昔前にはこのような現象はなかったはずだが、なぜこんなに増えたのか。

その原因は一体何なのか。

この疑問に対して当誌では何度も取り上げてきたが、今号は年始の配信でも
あるので、改めて私の原点ともいえる腰痛理論について、まとめてお伝えし
ておこうと思う。


 腰痛と一言でいっても、症状もそこに付けられる病名もさまざまである。

病院では腰痛の原因を、肉体的なものと精神的なものとに、分けて考えるこ
とにしているらしい。

しかも最近では、腰痛の8割がたは精神的ストレスが原因だとされるようだ。

病院での通常の検査で原因が見つからなければ、肉体的には問題がないこと
になる。

そのため、肉体に問題がないなら精神的なものが原因だろうと考えるのであ
る。


 このように精神的ストレスが腰痛の原因だといわれ始めたのは、確か10
数年程前からだったと思う。
 
当時のストレス原因説の急先鋒は、腰痛の権威といわれた福島県立医大の菊
地臣一医師だった。

それ以前の彼の著書には、ストレス原因説など一切書いてなかったから、機
械論者がいきなり生気論者になったようで、その豹変ぶりには驚いた記憶が
ある。

普通なら、精神的ストレスで腰痛になるのではなく、腰痛の存在が精神的ス
トレスになると考えるのが当たり前だ。

雨が降ったから傘を差したのであって、傘を差したから雨が降ったわけでは
ない。

なぜこんな原因と結果が逆転したような理論を持ち出すのか、私には不可解
だった。

しかし、こんな話が世間に通用するはずがないと思っていたのに、精神的ス
トレス原因説はいつしか主流になってしまった。

そこで私は、腰痛の原因は精神的ストレスではなく骨のズレであるという話
をまとめて、『 腰痛は「ねじれ」を治せば消える 』(以下、「ねじれ本」)
と題して出版したのである。


 2005年に出版した本書では、理論だけでなく実際の患者たちの体験談
も載せた。

その際、作家の中島孝志氏に依頼して、第三者の立場から私の患者たちに、
電話で聞き取り取材をしていただいた。

さらに、その内容が原稿になった段階で、再度患者たち本人に内容を確認し
た上で、全員実名で掲載した。

従って、体験談の部分も完全ノンフィクションなのである。

しかも事実ではあっても、あまりにも劇的な症例のいくつかは、私の側でボ
ツにした。

いわゆる腰痛本で、ここまで徹底したものはかつてなかっただろうと思う。

この『 ねじれ本 』は5年かけて完売した結果、残念ながらそのまま絶版と
なった。

だが、本書の執筆によって、私の腰痛理論もまとまった。

その理論の概要を説明しておこう。


 まず、私は腰痛の黒幕の筆頭は、化学調味料などに含まれるグルタミン酸
ソーダ(MSG)だと考えている。

MSGなどのある種の化学物質を大量に摂取すると、神経伝達に異常が起き
るのだ。

この神経伝達の異常によって、左側の骨格筋に特異的な緊張が発生する。
 
すると、その骨格筋の緊張によって、骨は左側から引っ張られることになる。

引っ張られた骨は、微妙な角度で左側に倒れ込む。

この状態を、私は骨のズレと呼んでいる。

そして、そのズレた骨が周りの知覚神経を刺激すると、腰痛などの症状とな
るのだ。

これが腰痛発生のしくみであり、腰痛患者の多くがこのパターンなのである。


 では、このしくみを逆にたどれば、腰痛が消えるだろうか。

もちろん、理論上はそうなる。

しかし、体内に大量に摂取した化学物質は、それが完全に代謝されるまでは
その影響が残る。

そこで、ズレて知覚神経を刺激している骨を、外からの力によってあるべき
位置に戻してやれば、症状も消えるのではないかと考えた。

それを実践したのが、手技による骨のズレの矯正である。

そして、矯正の結果は見事に予想通りだった。
 
コロンブスの卵の話にも似た、いたって単純なメカニズムだといえるだろう。


 このMSG原因説について、『 ねじれ本 』を読んだ元東京大学医学部講
師のF医師は、「ノンドクターでありながら、腰痛の原因を喝破するとは!」
と毛筆の手紙で激賞してくださった。

本を出した意義があったと感じた瞬間でもあった。

しかし、こういった一部の理解者はいても、精神的ストレス原因説の勢いは
衰えることはなかった。

これは、みなさんもご存じの通りである。


 さて、この精神的ストレス原因説で、特に注意しなければいけないのは、
医者が精神とか心と表現していても、それは心身二元論における「体」に対
しての「心」という意味ではないという点だ。

彼らが精神や心と口にするとき、それは脳の作用という意味なのである。

これほど医者とわれわれの認識との間に差があると、大きな誤解が生じるこ
とは必然だろう。


 脳の話で思い出すのが、20年近く前に日本でもベストセラーになった、
ラマ・チャンドランの『 脳のなかの幽霊 』という本だ。

この本のなかに、幻肢痛の話が出てくる。

幻肢痛とは、切断されてなくなったはずの脚に痛みを感じるという現象であ
る。

だが、脚そのものがないのだから、それはありもしない痛みを脳が勝手に作
り出しているだけだというのだ。

この幻肢痛の話が有名になって以来、「脳が勝手に痛みを感じる」という話
は、腰痛治療の現場でも頻繁に使われるようになった。

そして、「精神的ストレスのせいで、脳が勝手に痛みを感じているだけだか
ら、本当は痛くないんですよ」などと医師から諭される場面も増えた。
 
「バカにしているのか!」と怒りたくなる話だが、これが最先端の脳科学だ
といわれれば、だれも文句がいえない。

以後、脳科学とやらとセットになった精神的ストレス原因説は腰痛だけに留
まらず、今まで治すことのできなかったさまざまな疾患に対する説明として
も、重宝がられるようになったのである。


 現在ではさらにその発展型として、腰痛はうつ病とほとんど同じ扱いをさ
れるようになってしまった。

そのため、腰が痛いといっただけで、医師から「あなたは仕事を几帳面にし
なければ気が済まないタイプでしょう」などと、したり顔でいわれたりする。

ここまでくると、医者というより占い師だ。

医者がいう精神や心の問題が脳の問題なのであれば、せめて腰痛患者には脳
外科受診を促すべきだろう。

しかし、そんな話は聞いたことがないし、私も腰痛が脳の問題だなどとは思
えない。


 また、本当に精神的ストレスで腰痛になるなら、とうの昔に世界平和が実
現しているはずだ。

太平洋戦争当時の日本兵など、精神ばかりか肉体的ストレスも極限状態に
あった。

戦って敵に殺されるならまだしも、彼らの多くは補給が途絶したがゆえに、
飢えでバタバタと死んでいたのである。

会社勤めのストレスなどとは次元が違う。

それでも、兵隊が腰痛で動けなくなったなどという話を耳にしたことはない。

精神的ストレスで腰痛になるぐらいなら、戦争どころではないのは明らかだ。


 まして、「現代はストレス社会だから」などという説明は、医学でも科学
でもない。

仮に、現代と過去の時代とを比較して語るなら、まず比較の対象が必要とな
る。

それは百年前なのか千年前なのか、はたまた一万年前なのか。

比較の対象も限定せずして、正確な比較などできるはずもない。

医者なり科学者なりがその専門領域において、単なるイメージでものをいっ
てはいけない。


 要するに、腰痛が増えたのは骨がズレた人が増えたためである。

骨がズレるのは、神経伝達を異常にする化学物質を、われわれが過剰に摂取
しているからなのだ。

決して、現代人の心が病んでいるせいでも、脳が壊れているわけでもないの
である。 

(花山水清メールマガジン 「月刊ハナヤマ通信」2018年1月号) 

 

 

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

Cookie Policy | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください