『 線維筋痛症へのステロイド投与と大腿骨頭壊死 』

 

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.374 Dec.2017


 前回、線維筋痛症(FMS)の話を採り上げたら、意外なほど大きな反響
があった。

そのなかで私も驚いた話があるので、ぜひ紹介しておきたい。


 ある方の知り合いが、ヒザの痛みを始めとするさまざまな関節の痛みに悩
まされて、病院を受診した。

ところが、検査しても何も問題が見つからないので、線維筋痛症だと診断さ
れた。

そして医師からは、「治療にはプレドニンの集中投与しかありません」とい
われたそうだ。


 プレドニンとは、副腎皮質ステロイド剤で、関節リウマチや膠原病などに
対して、抗炎症や免疫抑制を狙って使用される薬である。

しかし、ステロイド剤というのは、リウマチ性多発筋痛症にはよく効くが、
いわゆる検査で異常が見つからないような線維筋痛症には、効果が見られな
いどころか、むしろ悪影響を及ぼすことが多い、と薬の専門書には記載され
ているのだ。

それがいつの間にか、線維筋痛症にはステロイド剤の投与が、標準治療に
なってしまっているらしい。

以前なら、線維筋痛症は病院で治療を受けても単に治らないだけだったから、
私も大して問題視してこなかった。

ところが、プレドニンが標準治療で使われているとなると、話が違ってくる
のだ。


 プレドニンなどのステロイド剤を使用すると、副作用としてステロイド性
骨粗鬆症による骨破壊が進むことがある。

特に集中投与をした場合は、大腿骨頭(大腿骨の骨盤側にある球形の部分)
の壊死が起こりやすくなることが知られている。

線維筋痛症の症状の一つであるヒザの痛みには、腰椎や骨盤のズレが大きく
影響している。

特に、骨盤がズレると大腿骨頭に非常に負荷がかかりやすくなる。

その状態でプレドニンなどのステロイド剤を使用すると、骨頭壊死になる危
険性が高まるのだ。

そうなれば、治療目的の投薬によって、元々あった線維筋痛症の症状以上の
病態を作り出すことになってしまう。

この点を、私はたいへん危惧しているのである。


 線維筋痛症でなくても、突発性難聴や顔面神経麻痺などで、ステロイド剤
の集中投与を受けてしまった人に対しては、大腿骨頭壊死を予防するため、
私は腰椎と骨盤のズレも入念に矯正するようにしている。

しかし、医師の場合は、ステロイドでまれに大腿骨頭壊死を起こす患者がい
ることまでは知っていても、どのようなタイプの人に骨頭壊死が起こるかに
ついては、全く知らない。

線維筋痛症と診断されるような症状の人は全員、腰椎と骨盤がズレていると
考えられるので、ステロイド剤によって、大腿骨頭壊死を起こす確率も高く
なることなど、知るはずもないのだ。


 このようなことを書くと、今現在、ステロイド治療を受けている方は、怖
くなって薬を止めたくなるかもしれない。

しかし、自己判断で薬を止めるようなことは、絶対にしないでいただきたい。

ステロイド剤を突然中止すると、副腎不全によるショック症状を起こして、
非常に危険な状態になる恐れがある。

また、病気の種類によっては選択の余地などなく、そのステロイド治療をお
こなわなければ、生命を危険にさらすことになる場合もあるので、医師と十
分に相談した上で判断していただきたいと思う。


 さて、前回の当誌では、線維筋痛症の類似疾患として、慢性疲労症候群
(CFS)や顎関節症、間質性膀胱炎も、骨のズレによる症状であるとお伝
えした。

このことについても、ある症例をもとに補足の説明をしておきたい。


 50代の男性Aさんは、冬にスノーボードで大転倒をしてしまった。

それ以来、骨盤内に気になる痛みが続き、それと同時に、昼夜を問わず頻尿
で苦しんでいた。

これらの症状をもとに整形外科と泌尿器科を受診したのだが、検査上は特別
な原因が見つからない。

そして、症状も全く改善しなかった。

挙句の果てに医師は、「Aさんは、仕事をきちんとしなければ気が済まない
タイプですよね」といって、暗にストレスが原因のうつだという話にもって
いこうとしたのである。

その時点でAさんは、「あ、こりゃダメだ」と見切りをつけた。

医師がストレスの話を持ち出したら、「治りません(=治せません)」と
いっているのと同じだから、Aさんのようにさっさと帰り支度をするのが得
策だろう。


 このAさんの症状を病院的に判断してみれば、頻尿は間質性膀胱炎や過活
動膀胱となるだろうし、骨盤内の痛みの他に腕の痛みもあったので、線維筋
痛症と診断されてもおかしくはない。

さらに、骨のズレは交感神経の働きを強めるので、体は常に緊張状態が続い
て、睡眠をとっても疲れが取れない。

すると、朝、目が覚めた瞬間から、「あ~疲れた」といいたくなるような状
態になる。

これは、典型的な慢性疲労症候群のパターンであるし、うつだと診断される
ケースも多いだろう。


 だが実際にAさんの体を調べてみると、これらの症状は全て、骨のズレが
原因であった。

しかも、彼のズレには、スノーボードでの転倒による外傷的な要素も加わっ
ている。

これが単なる外傷だけなら、時間がたてば自然に症状も収まっていくのだが、
その大本に骨のズレという要素があれば、いつまでたっても症状が改善され
ることはない。

骨のズレ+外傷であれば、矯正をおこなっても、症状を完全に取り去るのに
は通常よりも時間がかかるのだ。

案の定、Aさんの場合も多少手間取ったが、何度か矯正を重ねることによっ
て、痛みや頻尿の症状は改善していった。


 実は、病院での医師とのやり取りも含めて、このAさんと同様のパターン
を経て、当方に来院される方はとても多いのである。

これまでなら、病院で調べても原因のわからない痛みなどの症状は、ストレ
スのせいにされて、心療内科の治療対象となることが多かった。

しかし今後は、線維筋痛症としてくくられることが、爆発的に増える気がす
る。

それに伴って、不適切な投薬治療でますます症状は複雑化し、さらに解決の
道は遠のきそうだ。

骨のズレによる症状というのは、どんな病名でくくろうとも、原因となって
いるズレそのものを矯正する以外に解決策はない。

もちろん、医師にとっては、骨のズレが症状を出すという話は受け入れ難い
だろうが、せめて、線維筋痛症の患者に対してステロイド剤を集中投与する
と、大腿骨頭壊死を起こす危険性が高いという事実だけでも、一刻も早く認
識していただきたいと思うのである。

(花山水清メールマガジン 「月刊ハナヤマ通信」2017年12月号) 

 

 

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

Cookie Policy | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください