【 がんは病気なのか 】


 今回は、以前紹介したインド映画の『PK』が、宗教のタブーに切り込んだ勇気に敬意を表して、私も少し突っ込んだテーマを選んでみた。

 まずは、ある80代の女性Aさんの実例からお伝えしよう。

Aさんは以前から足にしびれ感があり、歩行が少し困難な状態であった。

どこに行っても何をやってもしびれが取れないし、病院では糖尿病のせいだと診断されたので、なかば諦めていた。

ところがお友達からの紹介で当院で矯正を受けてからは、しびれ感がほとんど気にならないレベルまで低下して、歩行もかなりスムーズに運ぶようになった。

Aさんの足のしびれや歩行の不調は糖尿病ではなく背骨のズレが原因だったのだ。

その後も、腰やヒザなどに不具合が生じるたびに来院されていたが、あるときからピタリと顔を見せなくなった。

紹介者の話では、家族から、もっとちゃんとしたところで診てもらわなければダメだといわれて、有名な整形外科に通っているということだった。

だがその整形外科で、糖尿病には禁忌とされる薬を処方されたため、体調を大きく崩してしまった。

しかも肝心の腰やヒザの痛みがますます悪化して苦しんでいた。そのため困り果てたAさんは、紹介者を介してまた当院に来られたのである。

 しかし久々にAさんの体を見た私は愕然とした。思わず「なに、そのお腹」と口に出してしまったほどだ。彼女のお腹はまるで妊婦のように腫れ上がっていたのである。

確かにAさんは以前から太り気味ではあったが、いわゆる贅肉とこの腫れは全く別物だ。

本人としては、症状があるのは腰やヒザであって腹部には便秘以外に何もないという。だがこれは腰やヒザの症状どころの話ではない。自覚症状がなくても、今の彼女の体が相当危険な状態であることは明らかだった。

そこで本人には、とにかくこの足でどこでもいいから消化器科のある病院に行くようにと伝えた。

同行していたAさんの友人も、花山先生がそこまでいうのだから絶対に行ったほうがいいと勧めてくれた。

ところが、あとで迎えに来た娘さんたちから、「病院に行くのは別に今日でなくてもいいじゃない」といわれて、Aさんはそのまま帰宅してしまったそうだ。

そして数日後に近所の消化器科を受診したのだが、その病院では単なる便秘だと診断され、下剤を処方されて帰された。

それからさらに2、3日して、Aさんの容態は急変し、救急搬送された先の病院で末期の膵臓がんであることが判明した。

そこで余命宣告も受けたが、間もなくしてAさんは亡くなった。

私がすぐ病院に行くように伝えてから1ヶ月も経たない間のできごとである。

 

 さてこの話を聞いた人は、どのような感想を持つだろうか。

最も平均的な感想は、まめにがん検診を受けていれば死なずにすんだのにというものだろう。

だがそれはがん治療の現実を知らないワイドショー的な発想である。

実際、医師や身内のちぐはぐな対応はあったにしても、私はこれがAさんにとっては最善だったと思っている。

仮にもっと早い段階でがんが見つかっていたとしても、今回よりも長く生きられた保証などない。

それどころか早く見つかった分、肉体的にも精神的にも苦しむ期間が長かったはずである。治療によってはもっと早くに亡くなっていた可能性も高い。

しかしAさんの場合は、入院するまではがんによる苦しみなどなかったのだし、少々の不具合はあっても、介護されることもなく一人で暮らせていたのだ。

寝たきり10年が当たり前といわれる日本において、1ヶ月にも満たない入院生活で最期を迎えることができたのは上出来の部類だろう。

 
 ここで問題になってくるのは、がんという病気をどう捉えるかなのである。

がんが日本人の死因のトップに君臨するようになって久しいし、がんは地獄の苦しみなどと聞けば、がんになるのは最も恐ろしいことだと考える人は多いだろう。

以前の私にとっても、がんはできるだけ避けたい病気であった。

また、がんは早期発見・早期治療をすれば助かるという話にも、昔は疑いを持っていなかった。

だからこそ来院患者のがんを見落とすことがないように、全力を尽くして調べていたのである。

 しかし、背骨のズレという現象を知れば知るほど、がんに対する考え方は変わっていった。今では積極的にがんを探すようなことはしない。

今回のAさんのように平均寿命を超えようかというような、高齢者の場合はなおさらだ。


 ではなぜがんを探さなくなったのか。

それは、がんを早く見つけたからといって、今の病院でのがん治療が本当に患者の利益につながっているのか確信が持てないからだ。

そして何よりも、背骨のズレががんと深い関わりがあることがわかった以上、
がんに対する私のアプローチも変わった。

要は今現在がんがあろうがなかろうが、常に背骨のズレさえ矯正していればよいのである。


 また、がんに対するアプローチの変化とともに、がんに対する見方も大きく変わった。

がんがあることがそのまま死を意味するわけではないし、逆にがんが治ることと生命が有限であることとは全く関係がないのである。

例え今は助かっても、いずれ死ぬことには変わりはない。

こう言ってしまうと身も蓋もないが、この事実を覆い隠してみたところで寿命が延びるわけではない。


 そもそも医学の世界では「死は敗北である」と教育され、そこに力点を置いて病気を治療している。

だが人は何らかの原因で必ず死ぬのだから、人の生死を勝ち負けで捉えれば、医学が勝利することはあり得ない。

つまり必然であるはずの死を敗北と捉えてしまうことが、病気という現象の本質を見失わせる最大の原因なのである。

歴史を見ても、健康と病気は、善悪、勝ち負け、浄・不浄、賞罰などさまざまな対比で脚色されてきた。

そしてほとんどの場合、病気にはマイナスのイメージしかない。

けれどもがんの存在を考えるとき、生命にとっての病気という現象の位置づけを新たに定義し直す必要がある気がするのだ。


 前回の当誌では、がんに対して内因性オピオイドによる鎮痛作用が働くのは自己防御機能ではないかとお伝えした。

しかし痛みというのは、本来なら体の異常を知らせるアラームであるはずだ。

ではがんに対して鎮痛作用が働くことは、異常があるのにアラームを止めることになってしまう。

これはアラームが壊れているのだろうか。それとも、体のなかではがんを異常だと捉えていないのだろうか。

もしかしてがんというのは生命が有限であるために、生命の発生の時点からプログラムされているシステムの一つなのかもしれない。

そうであるなら、がんという現象を病気と捉えること自体が間違っていることになる。


 実はがんは単なる老化現象の一つではないのか。

われわれはがんに対してもっと寛容になってもいいのではないか。

もちろん、若年のがんや特殊な条件下でのがんは除外するとしても、がんそのものはわれわれが恐れる相手でも戦うべき相手でもなく、人生の終末に向かってソフト・ランディングするために、上手につきあっていくべき対象なのかもしれない。

すると内因性オピオイドによる鎮痛作用も、人間が「安らかに死ぬ」ために組み込まれた最善の防御機能だと考えることができる。
 
そしてこの一連のシステムに是が非でも対抗しようとすることが、苦しみの原因ではないのか。

今の病院でのがん治療を見ているとそう考えざるを得ないのである。

 

                             (花山水清)

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください