【抗がん剤治療を始めるとなぜ痛みが出るのか】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信  359号 2016/09 

 

 あるとき私は、背骨のズレには2つの種類があることに気がついた。


1つは腰痛に代表されるような痛みを出すタイプのズレ、もう1つはがん患者の体に見られるような、痛みを出さないズレである。


要するに、ズレには、発痛鎮痛という相反する性質をもつ2つのタイプがあるのだ。

 背骨のズレというのは筋肉がひきつった状態である。
解剖学者三木成夫(1925-1987)は著書のなかで、「およそ筋肉と名のつくものであれば、骨格筋であれ、内臓筋であれ、血管筋であれ、それらの収縮は、例外なく痛みにつながる」と断言している。


ところが実際には、極端なズレ、すなわち筋肉が強くひきつっているのに、全く痛みを出していない場合がある。

 

このような痛みを全く出さないひきつりは、三木成夫の常識とはかなりかけ離れた現象だ。

 

 

 がんの発生につながるほど極端なズレなのになぜ痛くないのか。これは私にとっても長年の疑問であった。


がんに関係するタイプのズレには何らかの鎮痛作用があり、そのメカニズムは、がんの発生そのものにも関与しているのかもしれない。

 


 そもそもがんというのは、痛みなどの自覚症状が現れにくい病気である。

 

そのため、たまたま受けた検査でがんが発見されたときには、すでに末期の状態まで進行していたという話はよくある。


しかし私は、がん患者の体には共通した特徴があることを見つけた。


彼らの体は骨格筋が異常に緊張した状態にあり、また外からの刺激(体性感覚刺激)に対して反応が鈍くなっている


つまり体が固くこわばっていて、指で押してみても普通の人のようには痛みを感じないのである。

 

そしてそういう人の体には、痛みを出さないタイプの大きなズレがあり、がんは必ずその神経支配上に発生しているのだ。

 

 

 ところが当初は全く症状を出さなかったがんも、末期になると一変して強い痛みを出すようになる。


このことが、がんという病気が最も恐れられている理由でもあるが、最近、このがんの痛みに関して、近藤誠中村仁一といった著名な医師がこれまでの常識をくつがえす発言をしている。


 彼らは患者たちのデータを元にして、がんという病気は、積極的な治療を受
けなければ、末期であろうとも痛みなどの苦しみはないと断言しているのだ。


一般のがん専門医は必ず患者のがんを治療するので、がんを全く治療しなかった場合のデータを持っていない。


しかしがんを治療しなかった患者のデータをもっている近藤氏らは、激痛などの症状が起こるのは、病院で手術・放射線・抗がん剤などの治療を積極的に行ったからだと結論づけている。

 


 確かに、これらの治療法がなかった時代には、現代ほどがんという病気は恐れられていなかった。

 

昔なら老衰だといわれて安らかに死んでいった人たちの多くが、実はがん死だっただろうともいわれている。

 

それぐらい、高齢者にとってがんは楽に死ねる病気だったのだ。

 

 

 それがなぜ、病院で積極的な治療を受けると地獄の苦しみを味わうことになるのか。この疑問に対して、明確に解答できる医師はいなかった。

通常、がんによる痛みとは、がんが内臓器官や神経に浸潤したことによる痛みや骨転移、血管閉塞、手術の神経損傷の痛み、抗がん剤や放射線治療の副作用による痛みなどである。

 

しかしこのどれもが、がんの痛みの直接的な原因であるとは考えにくい。


 またがんの痛みというのは、痛みの度合いが日々エスカレートしていく性質がある。その理由として、成長したがんが知覚神経を巻き込むからだと説明されることが多い。


だが、在宅緩和ケア専門医の大岩孝司(『がんの最後は痛くない』)は、千人以上のがん患者を看取った経験から、患者の半数は最期まで痛みを出さなかったといっている。


実際のところ、ひたすら成長を続けるがん細胞が知覚神経を巻き込まないなどということはありえない。

 

がん細胞が知覚神経を巻き込むことで痛みが出るのであれば、がんが進行した患者は全員、必ず激痛に襲われることになる。

 

そうはならないのだから、それが痛みの原因ではないということだ。

 


 私はがん患者が訴える痛みの最大の原因は背骨のズレだと考えている。


例えばがんの骨転移による痛みは、病院でなかなか制御できないものだが、実はその痛みの多くはズレを戻すことでほぼ解消してしまう。


だが、がんの発症に関わっている背骨のズレは、痛みを出さないタイプだったはずだ。


それがなぜ一転して痛みを出すようになったのか。体内で
何が変化したのか。

 

私はその原因を、抗がん剤の影響ではないかと考えたのだ。

 


 今まで私のところに痛みで来院したがん患者たちは、皆、抗がん剤治療を経験していた。

 

聞いてみると、痛みが出現したのは抗がん剤を投与された後からだという。

 

彼らの体の印象からも、ある種の抗がん剤がズレの痛みの抑制機能を解除する働きをしていることが感じ取れた。

 

つまり、抗がん剤が寝た子を起こしたとしか考えられないのである。

もちろん、その痛みは抗がん剤の副作用による痛みとは全く違う。


がんを発生させるほどの極端なズレがあるのだから、それが痛みを出すように転じれば、言葉で表現できないほどの激痛になってもおかしくはない。


しかも抗がん剤治療を受けると、患者の多くは骨格筋の緊張が増す。

 

そのせいで筋肉のひきつりが一層強まって、ますますズレ幅が大きくなり、痛みも激しさを増していくのである。



 私は、がん患者が痛みを感じやすくなること自体はプラスの作用だと考えている。

 

すると、抗がん剤によってズレが痛みを出すようになるのも、あながちマイナスだけではないかもしれない。


だが抗がん剤に使われているのは、元々は細胞を殺すための毒薬であり、劇薬扱いの薬である。

 

従って、多くのがん患者ががんそのものではなく、抗がん剤の毒性によって死んでいるのだ。


もし抗がん剤から毒性を除いて、ズレの発痛作用のみを引き出せるようになれば、効果的ながん治療が可能になるかもしれない。

 

 
 ごく最近まで、日本のがんの疼痛治療は先進諸国で最悪だといわれていた。

 

その分、がんの疼痛に関しては少なからず研究されてきたはずだ。


しかし実際には、がんはなぜ初期の段階で痛みを出さないのかが、がん研究の最大のポイントなのである。

 初期のがんに痛みなどの自覚症状がないことは、だれもが知っている。


だが治療せずに放置したがんが、患者の命を奪うような段階になってもまだ痛みがないとしたら、そこにはどのような鎮痛作用が働いているのか。

 

このメカニズムを説明できる人はいないのだ。

そもそも医学というのは、症状がある疾患に対してしか目を向けない。

 

しかし皮肉なことに、重大疾患の多くは自覚的な症状がほとんどないのだ。

 

ではなぜ症状がないのか。これこそ現在の医学に最も抜け落ちた視点かもしれない。

 

特にがんの鎮痛のメカニズムを解明することが、がんという病気の成り立ちを知ることでもある。

 

それががんの治療と予防のいとぐちになるはずだ。


さらに鎮痛タイプのズレのメカニズムまで解明できれば、がんだけでなくさまざまな疾患の解決の助けにもなる。


この道の先には、きっと大きな希望があると私は考えているのである。
                             (花山 水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください