【究極の「病気のリセットボタン」を探して】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信  Vol.358 8/3/2016 

 

■ボツ原稿
 先日、引き出しを片づけていたら、数年前にボツにした、メールマガジンの原稿が出てきた。


当誌は私の研究発表の場でもあるから、日頃から考えていることをまとめる機会でもある。そのため、書き始めてみたらまとまりのつかなくなったものから時期尚早のものまであって、発表できる内容になるまでには何倍もの原稿を、ほごにしているのだ。

 今回見つけたボツ原稿は、「アシンメトリ現象」の解消につながる、究極の「病気のリセットボタン」について書いたものだった。


「アシンメトリ現象」とは、規則性をもった左右非対称な体の状態のことである。脊椎(せきつい)動物にとって、体の形に非対称性が現れることは、生命体としては致命的な形状であることを意味する。


そのことに気づいてしまった以上、何とかして「アシンメトリ現象」発生の根本原因を突き止めて、その解消方法を探し出す必要があったのだ。

究極の「リセットボタン」
 私は以前、この「アシンメトリ現象」を、腰痛などに代表される「背骨のズ
レ」のグループと、がんなどに代表される「形態異常」の疾患グループとの、
2つに分けて考えていた。


そして、それぞれに対する施術方法も全く違うものだった。
施術時間にしても、片や「背骨のズレ」の矯正はほんの数分で終わるのに対し、「形態異常」への施術となると数時間に及ぶこともあった。


さらに命に関わるほどの疾患となると、施術する側にもされる側にも負担が大きかった。そのため、施術方法もそこに費やす時間もより簡略化される必要があったのだ。


そこで長年、改良に改良を重ね、理論上も「背骨のズレ」と「形態異常」とが、「アシンメトリ現象」として一つにまとまったことで、施術内容は飛躍的に向上した。それが、現在の「モルフォセラピー」なのである。


しかしさらにその効果を確実にしていけば、最終的にはそれが究極の「病気のリセットボタン」となるはずだ。


つまり、究極の「病気のリセットボタン」とは、どこか1ケ所のズレさえ矯正すれば、「アシンメトリ現象」に関連する全ての疾患に対して、劇的な効果を現すことが期待されるポイントのことである。

■26個の積み木
 では実際のところ、人体にはどれだけの「背骨のズレ」が存在するのだろう。

 

人間の体の中心となる脊椎(せきつい)は、頚椎(けいつい)7個、胸椎12個、腰椎5個で構成されている。

 

さらに、上下に頭蓋(とうがい)と仙骨を加えて、合計26個の積み木を縦に積み上げたものが、平均的な体の中心軸だと考えてみよう。


ズレは左一方向のみだが、26個の積み木のそれぞれがズレる組み合わせは何通りになるだろうか。途方もない数であることは確かだ。


その膨大な数のズレの組み合わせに応じて、それに伴う症状も多岐にわたるのである。

 

(※このメールマガジン配信当時の研究では、頚椎のズレる方向は左右あると考えていましたが、2020年現在は頚椎のズレも左一方向のみであることがわかっています。

からだの異常はなぜ左に現れるのか』での表記も、この部分は訂正したいと考えています)

■頭蓋のズレではなかった
 さて、そのうち1ケ所のみのズレの矯正で、全てが解決するとしたら、そ
れが究極の「リセットボタン」となる。
1つだけとなると、その候補は32ケ所に絞られる。
そこで、以前考えた究極の「リセットボタン」は、頭蓋のズレであった。


その論拠は、頭蓋がズレると、脊髄(せきずい)及び、脊髄神経の中枢と末
梢の、両方の神経に一度に影響を与えるからである。
さらに頭蓋のズレは、位置的には唯一、延髄(えんずい)に対して作用を及ぼす。


延髄は、呼吸、循環、体温調節に関係する自律神経中枢や、嚥下(えんげ)、
嘔吐(おうと)、咳などの反射中枢でもある。


また、脳神経12対のうち、第5から第12までの神経は、延髄から起こり、
錐体路(すいたいろ)を通る。
錐体路は、随意運動の伝導路であり、ちょうど延髄のところで交叉(こうさ)
している。
そのため、当初は、「アシンメトリ現象」の特徴である、左右差の規則性は、
頭蓋のズレが原因ではないかと考えていたのである。
その他にも、頭蓋がズレると、大後頭孔(だいこうとうこう)のなかを通る
前脊髄動脈、後脊髄動脈ならびに椎骨動脈などの、重要な動脈が圧迫される。
これらの動脈の圧迫が、脳卒中の原因となっていることも、十分に考えられ
る。
そして何よりも、頭蓋が右に倒れ込むことで、何らかの力学的作用が働いて、
第2頚椎と第1胸椎から下が、左のみにズレるのではないかと考えたのだ。


ところが、その肝心の頭蓋のズレが、「アシンメトリ現象」をもつ人全てに当てはまるわけではないのである。
これは、論理としては致命的な欠陥なので、やむなく、頭蓋のズレは「リ
セットボタン」の候補から除外され、その原稿もお蔵入りとなったのだった。

■有力候補の発見
 では、究極の「リセットボタン」は、一体どこにあるのだろうか。
そもそも、そのようなスイッチが、存在するのかどうかすらわからないが、
最近になって、ひょっとしたらと思える、有力な候補が見つかった。
それが、第5腰椎と仙骨のズレなのである。
一つに絞り込みたいところだが、第5腰椎と仙骨は、必ずセットでズレてい
るので、矯正の対象としては、分けては扱えない。
また、私のいうズレとは、上に載ったほうの積み木が、左右にズレるという
意味だが、この左右というのも、あくまでも平面的な表現に過ぎない。
実際の骨は立体構造であるから、ズレとは、骨同士が、重力に対してらせん
階段状に、ねじれた位置関係にあることを意味している。
そして、仙骨のズレといえば、仙骨の上部が、左に傾いている状態のことで
ある。

■ポイントは仙髄か
 実は、この仙骨の傾きは、仙髄に対して重大な作用を及ぼす。
つまり、仙髄の交感神経と副交感神経の、両神経の支配域に、同時に作用を
及ぼすのである。

 通常、背骨のズレを矯正できる範囲内で、交感神経と副交感神経の支配域が
重なるのは、延髄か仙髄しかない。
すなわち、頭蓋か仙骨のズレである。
そのうち、「アシンメトリ現象」をもつ人全てに共通して見られるのは、第
5腰椎と仙骨のズレだけである。
また、この部分がズレている人は、左腰部の筋肉が盛り上がっている。
この盛り上がりは、「アシンメトリ現象」では、極めてよく見られる特徴で
もある。
そして、これらの全ての要素が、究極の「リセットボタン」を特定する上で、
絶対不可欠な条件なのだ。

 さらに、私の経験でも、第5腰椎と仙骨のズレは、完全に矯正しきるのが
難しい反面、矯正が成功すると、他の部位のズレがゆるんで戻しやすくなり、
「アシンメトリ現象」そのものも、非常に解消しやすくなることがわかって
いる。
もしかしたら、自律神経の元となる視床下部まで、仙髄が支配しているので
はないかと思えるほど、その矯正の効果は大きいのだ。

■「アシンメトリ現象」と錐体外路
 さて、当初、「リセットボタン」として想定した頭蓋のズレにおいては、
ズレによる錐体路の障害で、「アシンメトリ現象」が起きることはなかった。
しかし、錐体路の補助的役割を果たしている伝導路には、錐体外路がある。
一般的にも、錐体外路が障害されると、筋の緊張や不随意運動が起こること
が知られている。
そして、この錐体外路などの障害で代表的な筋緊張の病気に、パーキンソン
病がある。
パーキンソン病患者にも「アシンメトリ現象」は見られるし、頭蓋のズレが
錐体外路にもっとも近いことからも、イメージとしては、このズレがパーキ
ンソン病の、筋の緊張や不随意運動に、いちばん影響していそうな気がした。
ところが実際には、頭蓋のズレを矯正してみても、全く効果がない。
そこで、試しに第5腰椎と仙骨のズレを、集中的に矯正してみると、一時的
にではあっても、筋の緊張や不随意運動に、変化が見られたのである。
すると、「アシンメトリ現象」とは、錐体路ではなく、錐体外路の障害であ
る可能性が出てくる。
ただ、それがどうして、仙髄と関連するのか。
私のなかでは、すでに理由づけはできているが、今の段階では、それを既存
の医学常識に則って、説明することができないのだ。
そこに、もどかしさがある。
もちろん、今後もさらに検証を重ねていかねばならないが、もし、このなぞ
が完全に解明できれば、「アシンメトリ現象」に伴う、さまざまな疾患に対
してのアプローチは、極端にショートカットできる。
まさに、夢のような施術が可能になるのだ。
                             (花山 水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください