【脳性麻痺】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信  Vol.357 7/6/2016 

 

 この春、ある方の紹介で、「私の哲学」という小冊子のインタビューを受けた。その記事がネット上に掲載されたことを、先月号でお知らせしたので、すでに読んだ方もおられるだろうか。


サントリーの社長やプロスキーヤーの三浦雄一郎氏など、錚々たるメンバーに並んでなぜ私が? と思わないでもなかったが、モルフォセラピーの存在を知ってもらうチャンスだから、インタビューをお受けした。


そのインタビューのなかで、20年近く前に診た、脳性麻痺の子供のことについて、少しだけ触れたのだが、それが記事になってみると、誌面の都合上、話が省略されている部分もあった
そこで今回はその補足を兼ねて、当時を振り返ってみたい。

 その頃の私は、患者さんのお宅を訪問して施術をおこなっていた。患者さんの多くが、がんや膠原(こうげん)病などの重病患者だったこともその理由だった。


しかしそうした重大疾患の患者さんの場合は交通費も取らず、施術料金そのものも「治ったらいただきます」といって無料にしていた。


実際には治って最大限の感謝はしてくださっても、最初の約束通り、料金を支払ってくれる人は稀であった。

 こう話すと奉仕活動のようで聞こえが良いかもしれない。
しかし当時の私にはそのような気持ちはなく、一切お金をもらわなかったのは責任回避のためという面もある。


医師と違ってわれわれ民間療法家の場合、施術でトラブルがあれば責任問題に発展する可能性が高い。特に生死に関わるような疾患となると、さらに責任が重い。

 

医師のように、治らなくても治療費だけはしっかり取ってそれで終わりというわけにはいかない。それは、私には感覚的に耐えられなかった。

 

かといって重病の方からの施術依頼をむげにお断りするのも忍びない。そこで考えついたのが、この無料のシステムだったのだ。
 
 そんな頃、知り合いの助産師さんから、3歳の脳性麻痺の男の子(A君)を診てくれないかと頼まれた。脳性麻痺は私にとって初めての症例であった。

 

 以前、インドに住んでいた頃、隣家のフランス人青年は、交通事故による脊髄損傷で下半身が麻痺していた。彼のところにはフランス人のマッサージ師が治療のために通っていた。


いつか回復した時に備えて、関節が固まってしまわないように入念なストレッチをおこなっていたのだ。

 

私も脊髄損傷による下半身麻痺の人を診たことがあったが、脊髄の損傷部分は、椎骨同士が強力に引っ張り合うようにひどく拘縮(こうしゅく)していた。私にはそれが治るなどとは到底思えなかった。

 だが脳性麻痺は脊髄損傷による麻痺とは全く違う原因の麻痺である。
相手が3歳の子供であることからも、ひょっとすると成長の過程で新たな神経回路ができるのではないかという期待もあった。だから施術を引き受けること
にした。
 
 現在のモルフォセラピーでは、子供への施術は積極的にはおこなっていないが、大まかな傾向として、大人よりも子供のほうが治りは早いようではある。


しかし安全を第一に考えると、大人に対するよりも数段、慎重に施術をおこなう必要があるので、施術は極力控えていただきたいと思っている。
 
 A君の話に戻ると、彼はまだ3歳にしかならないというのに、医師からは
「今後も知能は発達せず、生涯しゃべることも歩くこともできるようにはなりません」という、呪いの言葉のような宣告を受けていた。


ご両親としてはせめて「パパ、ママ」と呼んでもらいたいと切ない望みを抱いて模索しておられた。そんな時に私を紹介されたのである。

 当時の医学では、脳性麻痺は生後の間もない段階では診断がつかなかった。
そのため成長するにつれて、筋力低下や痙縮(けいしゅく)・胸郭(きょうかく)の変形などが目立ってきて初めて診断が下されるのだという。


A君のお母さんの話では、出産直後の病院での不手際が原因だったらしいが、それもはっきりとは断定できない。


私が見たところ、脳性麻痺だけでなくポリオや先天的な疾患をもっていたり、幼少期に障害を負っていたりすると、胸郭の下部が大きく開いていることが多いようだ。

 医師によると、彼の症状は言語障害並びに知的障害、両下肢の運動麻痺という診断であった。また一般的には、脳性麻痺による障害は一生、治癒することはないともいわれていた。


 私にしても、顔面神経麻痺などの末梢神経の疾患に対する施術では、ある程度の手応えを感じていたが、脳性麻痺のような中枢神経の問題となると、全くレベルの違う話であることはわかっていた。


しかし末梢神経を刺激することで、中枢神経に何らかの変化が起きることに期待するしかない。


そこでまずは、子供にしては緊張の著しい骨格筋をやわらげることを第一の主眼にして慎重に施術を始めた。


施術といってもほとんど表皮をなでる程度であったが、それでも徐々に筋肉の緊張は解消していった。

 もちろん、脳性麻痺そのものは背骨のズレが原因の疾患ではないから、
ルフォセラピーの対象ではない。


A君の体にも左右差は見られたが、がん患者ほどひどいものではなかった。
だが、何らかの機能を阻害する要因として、そこに背骨のズレが介在しているなら、施術は有効だと考えられる。そこに望みがあった。

 脊髄損傷による下半身麻痺とは違って、A君の体には異常な拘縮は見られなかったが、精神的にちょっとした緊張が走ると骨格筋がひどく硬直し、片脚がもう一方の脚にぶつかるように交差してしまうのだ。


そのためA君に限らず、脳性麻痺の子供は股関節脱臼だと診断されることが多かった。
そして、筋肉を硬直させないように、腱(けん)を切断する手術を受けるのが当然だと考えられていた。


確かにその手術を受けた子の脚を見ると、硬直がなくなって介護がしやすくなっている。

 

だが緊張して脚を強く交差した状態でレントゲンを撮れば、股関節脱臼のように写るだけで、決して脱臼しているわけではない。だから、この手術が妥当かどうかは疑わしい。


また一旦、手術してしまうと、自立歩行への道が絶たれるので、私としては手術はできるだけ避けたかった。

 そうして私が施術を始めて1年も経たない頃、医師の予想に反して、A君は「パパ、ママ」と呼べるどころか、歌さえ唄えるようになっていた。


後にはコンピューターゲームもできるほどになり、知能は他の子供と変わらないほど発達しているようだった。

 

残るは歩行機能だけである。しかし医師からは、成長しきる前に早く腱の切断手術を受けるべきだと、再三、指導されていた。ご両親にとっては、むずかしい判断を迫られていたのだ。

 一方、私はA君にいつ奇跡が起きてもいいように、腱が固くならないための脚を動かすトレーニングもおこなっていた。
私の手で脚を動かしてあげると、本人は大喜びだった。

 

そしてお母さんにも、同じことを毎日おこなうように指導していた。そうすることで、親としても子供の体に対しての理解がより深まると思ったからだ。

 そんなある時、お父さんが撮っていたビデオの映像を見せてもらうと、歩行器に乗ったA君が映っている。歩けなくても、彼はいつも歩行器の上に座っていたのだが、その時には、軽く足先が地面を蹴っているのが映し出されていたのだ。


なんと、歩行のための新たな神経回路が開発されていたのである。これなら、歩けるようになるかもしれない!

 

それからは、その神経回路をさらに強固にするため、それまで実施していたトレーニングの他に、水泳なども取り入れてみた。


当時は脳性麻痺の子供にダイビングをさせることもあると聞いていたが、誤嚥(ごえん)が心配なので、しばらくして水泳はやめた。


そうやって2年弱、A君への施術を続けたのだが、残念ながらそれ以上の目立った進歩は見られなかった。

 「まだまだ時間をかけなければならない」
私が腹をくくってそう考えていた頃、また医師から手術を勧められて両親の心は大きく揺れ始めていた。


 当然のことながら、障害というのは本人の問題であると同時に、介護する家族の問題でもある。そこに私のような赤の他人が介在しては判断の邪魔になるだろう。私がA君の今後の全人生に関われるわけでもないので、その段階で私は身を引くことにした。

 今考えても私としてはできうる限りのことをしたと思う。
しかし正直なところ、脳性麻痺のA君に対して、私の施術が効果があったかどうかはわからない。

 

仮に奇跡に見えるような進歩だったとしても、単に医師の当初の判断が間違っ
ていただけで、彼の通常の成長過程に、たまたま私が関与したにすぎないのかもしれない。


いずれにしても施術とその効果については、しかるべき立場の誰かが、検証してくれることに期待するしかない。

 あの頃のA君は、会話はできなくてもいつも明るい表情で私を迎えてくれた。

彼のように、どんな時でも笑顔で他人を受け入れることなど、私にはとても真似ができない。人間としての質の高さは、知能の発育とは全く別の次元であることを教えられた。A君との出会いは私にとって貴重な経験だったのである。

 

今はおつきあいはないが、A君とご家族が今日も幸せでいてほしいと心から願っている。

                            (花山 水清)

 

      「私の哲学」インタビュー第41回 花山水清
    http://www.interliteracy.com/philosophy/hanayama_s.html

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください