【 がんと糖尿病と脱分化 】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.356 6/1/2016 

 

 おかげさまで当メールマガジンは、今回の配信で14年目に突入した。
私は今まで、「腰痛とがんは家庭で治す病気にする」を目標にしてきた。
腰痛に関してはすでに達成しているが、最終目標であるがんについては、まだ到達できていなかった。

 ところが先日、モルフォセラピーの指導者の一人から、最終目標の達成を予感させる報告を受けた。彼は全身転移の末期の肺がん患者を、モルフォセラピーで生還させたというのだ。


患者の家族に頼まれて彼が施術することになったとき、患者はすでに病院での治療も尽き、担当の医師から余命宣告を受けて自宅に帰されていた。


最初に見たときの患者の体は、側弯症かと思うほどの著しいアシンメトリ現と、固くこわばった骨格筋の緊張が印象的だったようだ。


しかし、施術するたびに骨格筋の緊張は解け、ついに検査上ではがんが消失するまでに回復した。その後、彼は患者の家族から神様扱いされて恐縮しているという話だった。

 確かに、がん患者の骨格筋の緊張というのは、独特である。
そして施術によってがんが消えるときの、骨格筋のゆるみ方もまた、特徴的なのである。

 

私は状況的に見て、彼のモルフォセラピーの手技が功を奏したと考える。もちろんこの一例だけで、肺がんが治ったと喧伝するわけにはいかないだろう。

 

そこで彼の施術でがんが消えたと仮定して、その可能性を推論してみよう。
 
 まず、私がモルフォセラピーでもっとも重視していることは、治ったという結果ではなく、なぜ治ったかの具体的な説明である。

 

今までにも、モルフォセラピーの手技でがんが消えたと感じたことはあったが、肝心のなぜそうなるのかという理論の組み立てが完成していなかったのだ。そもそも正常細胞がなぜがん化するのかも、医学的に原因がはっきりしていないからである。


つまり発がん物質等によって、なぜ正常細胞が未分化状態になるのか、誰にも具体的な説明ができていないのだ。発がんの根本原因すらわかっていないのに、がんが治ることの証明などできるわけがなかった。

 ところがひょんなことから、がんの発生と消去について、私のなかでその理由を説明できる可能性が出てきた。そのきっかけは2016年3月に医学誌で発表された、2型糖尿病の新しい発症メカニズムに関しての研究である。

 2型糖尿病とは、インスリンの分泌低下もしくは感受性低下によって、血液中のブドウ糖を細胞に取り込めなくなることで、血糖値が上昇してしまう病気である。

 

血糖値が上昇した状態が続くと、血管や神経が傷害されて、さまざまな合併症が引き起こされる。日本人の糖尿病患者の9割以上が、この2型糖尿病だといわれるが、発症の根本原因まではわかっていなかったのだ。


それが最近その原因に全く新たな考え方が見つかって、研究が進んでいるというのである。

 インスリンというのは、血糖値を下げるために、膵臓(すいぞう)のβ細胞(ベータさいぼう)から分泌されるホルモンである。同時に、膵臓のα細胞(アルファさいぼう)からは、血糖値を上げるために、グルカゴンというホルモンが分泌されている。
そのそれぞれの分泌量は、交感神経の働きによって調節されているのである。

 ところがこの最新の研究では、2型糖尿病では膵臓のβ細胞が脱分化してα細胞に変化し、インスリンではなくグルカゴンを分泌するようになっていることが確認されたのである。
糖尿病の原因に脱分化が関与していたとは、たいへんな驚きだ。


そうなると糖尿病における血糖値上昇の問題は、今後はインスリンではなく、グルカゴンが対象になっていくことになる。


そういえば知り合いの糖尿病専門医が、今まで診た入院患者で「おかげさまで完治しました」といって退院した人はいないと嘆いていたことがあった。


しかし脱分化が関係しているとなれば治療法も一変し、近い将来、糖尿病完治に向かって飛躍的な進歩が望めそうだ。
 
 さてここで脱分化についても、少し説明しておこう。

 

通常、細胞は幹細胞から体細胞へと分化する。そして一旦、分化した細胞は、ずっとそのままで他の細胞に変化することはないと考えられていた。


ところが脱分化というのは、体細胞から幹細胞へと未分化な状態に逆戻りしてしまう現象なのだ。これはいわば、細胞の初期化のようなものであり、それを人工的に行ったのがあの有名なiPS細胞である。

 ではなぜ膵臓のβ細胞が脱分化して、α細胞に変化するのだろうか。その理由となると最新の研究でもまだわかっていない。


実は脱分化というのは、正常細胞ががん細胞に変化するのと
同じしくみでもある。


がん細胞とは、何らかの理由で脱分化した未分化細胞が、自律的に過剰に増殖したもののことである。そのためiPS細胞の研究においても、いかに細胞のがん化を防ぐかが最大の課題となっているのだ。
  
 また糖尿病といえば、がんの重要な危険因子であるといわれてきた。
男性では肝がん、腎臓がん、膵がん、結腸がん、胃がん、女性では胃がん、肝がん、卵巣がんで、その傾向が強いようだ。
これを見れば、糖尿病とがんとの間に、大きな関わりがあることは否定できない。


だが本当に糖尿病が発がんの危険因子だといえるのだろうか。両者は、同じ理由で発症しているだけではないのか。


実際、2型糖尿病でβ細胞が脱分化してα細胞化することと同様、正常細胞
が脱分化してがん細胞になるしくみについても、いまだ解明されてはいないのである。

 2型糖尿病もがんも、ともに脱分化が発症のカギとなっていることから見て、私は交感神経の機能低下が脱分化の大きな要因ではないかと考えるに至った。

 

そして交感神経の働きを阻害する最大の原因は背骨のズレなのである。

 

前述のモルフォセラピー指導者の話に登場した、末期の肺がん患者の、骨格筋の異常なこわばりのことを思い出していただきたい。


これは明らかに、交感神経の過度な緊張状態である。
その交感神経の緊張が、背骨のズレを矯正することで解けた。それと同時に、患者の体はがんから開放された。そう考えられるのである。


要するに背骨のズレが原因で交感神経の機能低下が起こり、脱分化が始まるのであれば、背骨のズレを消去することで、脱分化のスイッチがオフになる。

 

そう考えていくと、2型糖尿病やがんの治癒のメカニズムは、脱分化の原因を取り除けば逆分化が起こるという、きわめて単純なストーリーで構成されている可能性があるのだ。
 
 もちろん現時点では、この推論は私の想像の域を出ていない。
だが、がんや糖尿病だけでなく他の多くの疾患についても、従来の医学では、単なる状況説明を繰り返しているだけであり、その発症原因に対して論理的な説明がなされてきたわけではない。


そのため、発症の根本原因にアプローチするような決定的な治療法もほとんど存在しないのだ。
それが今回たとえ一例であったとしても、末期がん患者が生還したという事実は、十分に科学的に検証される価値があるだろう。


ましてがん患者への施術に挑戦した彼は、元々治療家として実力者ではあっても、モルフォセラピーの施術キャリアは2年にも満たないのだ。


これで「がんを家庭で治す」という目標の実現にも、これから大いに期待できると思うのである。
                             (花山 水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください