【人はいつから高齢者になるのか】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.351 1/6/2016 

 

 電車のドアが開くと、皆、空いている席を目掛けて駆け込んでいく。その波に乗り遅れると、わずかにシルバーシートだけが残される。


以前なら座ることもなかったが、近頃はまわりを見渡して自分よりも年長者がいないようなら、遠慮なく座ることにしている。

 

私も今年で還暦である。

それなりの容貌であるから、シルバーシートに座ったからといって、若いときのように非難の視線を浴びることもなくなった。おかげで楽ができるというわけだ。

 

 なかには、明らかに高齢者然とした人が、空いているシルバーシートを避けて、一般席に座ろうとしているのを見かけることがある。自分はまだそんな年ではない、と思っておられるのだろうか。


以前、ある若い女性が高齢者と思しき男性に席を譲ったら、大声で怒鳴られ、罵声を浴びせられて泣いていたことがある。


一方、別のある60代の男性は、新年早々、若い女性に電車で席を譲られたのがショックで、春を過ぎても立ち直れないでいた。


まだまだ若い、などと思っている時点で、すでに老化しているともいえるが、見た目と本人の意識がそぐわないと、悲劇がおきることもあるようだ。

 一昔前なら、50代、60代にもなれば、おじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれてもおかしくなかった。あの「サザエさん」の父親、磯野波平さんも、まだ54歳の設定だ。


ところが日本人の平均寿命がかなり伸びた結果、今では80代ですら年寄り扱いするのがはばかられることも多い。
90代でも、しっかり一人暮らしを続けている人もいるぐらいだ。


現代は、年齢だけで高齢者を計ることができなくなっている。そうすると、高齢者かどうかを判断するには、健康寿命が尽きたかどうか、つまり、他人の手を借りずに、自分一人で生活できるかどうかで分けるのが、適切かもしれない。

 手元の資料では、日本人の平均寿命と健康寿命の差は、平成22年の時点で、男性9.13歳、女性12.68歳となっている。
この平均寿命と健康寿命の差というのは、介護を受ける年数を意味している。


そこで厚生労働省では、この平均寿命と健康寿命の差を、いかに縮めるかが課題となっているのだ。

 もちろん、だれしもが、健康寿命が尽きた時と寿命が一致すること、すなわち、元気なうちにポックリ死ぬことを望んでいるはずだ。しかし、そのような例はまれである。


 では、どうすれば健康寿命を伸ばすことができるのか。

残念ながら、健康寿命が世界一の日本であっても、そんな方法が確立しているわけではない。多くの人がイメージするのは、結果はどうあれ、まめに病院で検査を繰り返すことぐらいだろう。

 私は、健康寿命が損なわれる大きなポイントは、歩行機能の低下にあると考えている。
人間は、歩けなくなると、食事・排泄・入浴なども一人で行うのが難しくなってくる。また、歩行機能の低下は、認知機能まで低下させるという。


実際、介護保険の認定調査でも、自力で立ち上がれるか、一人で歩けるか、といった歩行機能のレベルが、一番の判断基準となっているようだ。

 高齢者の歩行機能低下の原因といえば、脳卒中や、転倒による大腿骨骨折などが、よく知られている。しかし、本当は腰やヒザが痛くて歩けなくなっていることが多いのではないだろうか。


また、高齢者の腰痛やヒザ痛は、加齢によるものだから、治らないのが当たり前だとも考えられている。
だが、私が今まで見てきた高齢者の場合、その腰痛やヒザ痛は、決して加齢が原因ではなかった。若い人たちと同様、単に、腰椎や骨盤がズレているだけなのだ。

 高齢者だろうとそのズレを戻せば症状は消えてしまうのだから、いたって簡単なメカニズムである。しかし、簡単なメカニズムではあっても、ズレを戻さずにそのまま症状が続けば、瞬く間に健康寿命が尽きてしまう。

 

それなのに、ズレが原因の歩行機能低下は、今の医療では、治療することも診断することも、ましてや予防することも不可能である。


もちろん、ヒアルロン酸やコンドロイチンや、登場しては消えていく健康食品の類をいくら摂ってみてもムダなことだ。

とはいえ、背骨のズレによる症状という認識が一般化しないことには、話は始
まらないのである。毎度のことながら、私としてもこの状況は大変もどかしい。

 さて、ここで勘違いされては困るのだが、人間にとって、老化そのものは不可逆的な現象である。人間の細胞は、1分1秒たりとも若返ることはない。

 

背骨のズレを矯正して歩行機能が改善しても、単に、老化をわずかに先送りに
しているにすぎない。

どんなに時間の流れに逆らってみても、やがて訪れる「死」という現実は変えられないのである。

 しかし、今後、どんなに医学が発展して寿命が伸びようとも、われわれは、ただ長生きさえすればいいわけではないはずだ。それでは、目的を見失っているのではないか。

 

今ある時間をいかに有効に生きるか、いかに意味のある生き方にするか。このことこそが、いつの時代でも変わらないテーマだと思うのである。

 

                              (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

メールマガジン月刊ハナヤマ通信登録

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください