【早期発見・早期治療で本当にがんは治っているのか】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.346 8/5/2015

 

 この春、病気で入院していた人から聞いた話である。


 彼女の同室に、腎臓がんの手術後の痛みで苦しんでいる50代の女性がいた。その女性の話では、ここに入院する何ヶ月も前から、ずっと下痢が続いていたそうだ。

 

 だが、あちこちの病院で検査を受けてみても、下痢の原因がわからないでい
た。それらの検査のうち一つで、たまたま腎臓にがんが発見された。そこで、医師に勧められるまま、この病院で手術を受けたのだという。
 
 腎臓がんの手術となると、背中の側から肋骨を切り開いて腎臓を摘出するので、かなりハードである。そのような手術を受けたため、彼女は寝返りも打てないほどの痛みで苦しんでいた。


 ところが、術後の病理診断の結果、腎臓がんではなかったことが判明した。つまり、全くの誤診で、がんでもないのに腎臓を取られてしまったのである。

 話はそれだけではない。


 彼女が、術後の痛みや苦しみを執刀医に訴えると、この医師は謝意や同情を示すどころか、逆に「わたしにどうしろというんですかっ!?」と、彼女を怒鳴りつけた。そのため、彼女は体の傷だけでなく、信頼していた医師の言葉で、心にも深い傷を負った。

 

 さらに悲しいことには、彼女の下痢は、あいかわらず続いているのだ。何とも痛ましい話ではないか。

 この話を聞いた多くの人は、これが特殊な事例だと思うかもしれない。しかし、似たような話なら、私はこれまでにも数多く耳にしてきている。私の知る限りでも、術後、執刀医からうやむやな説明しか聞けず、自分ががんだったかどうかすら、はっきりとしない患者は何人もいるのだ。そのなかには、どれだけの誤診が混ざっていることだろう。
 
 先日も、過去にがんを経験したことのある3人の方と話す機会があった。それぞれ、乳がん、腎臓がん、卵巣がんを手術して5年ほど経過しているが、今のところ、誰も再発・転移はしていない。

 

 体を調べてみると、彼女らの体には、私が、がんの判断基準としているアシンメトリ現象が見られない。病院でがんの治療をしたからといって、アシンメトリ現象は消えるものではないから、みな、元々がんではなかった可能性がある。

 

 また、近藤誠の「がんもどき理論」の通り、「本物の」がんであったなら、いくら早期に発見されたとしても、すでに転移しているはずだ。それが、術後5年も経って転移が見られないのだから、「本物の」がんではなかったと判断できる。何よりも、私は病院での治療で「本物の」がんが「完治」するとは思えないのだ。
 
 確かに、がんには、早期発見・早期治療が有効だといわれて久しい。
 昔は、がんは不治の病の代表であったが、今では、早く発見すれば、がんは
治る病気だとまでいわれている。一般の人はもちろんのこと、医師たちですら、そのように信じている人は多い。

 

 しかし、果たして本当にそうだろうか。私には、がんという病気は、そんな生やさしいものだとは思えないのである。
 
 現在、徹底したがん検診や検査技術の進歩などで、がんはさらに早期の段
階で発見されるようになった。また、治療方法も、以前とは比べものにならないぐらい向上している。

 

 だが、どんなに早期に発見し、どんなに優れた治療を受けようとも、いまだ
に、がんは日本人の死亡原因の第1位であり、がんの死亡者数も全く減っていないのである。この矛盾を、どのようにとらえたらいいのだろうか。

 日本人の死因順位別死亡者数の年次推移を調べてみると、興味深い事実が浮かび上がってくる。


 2000年には、295,484人だったがんの死亡者数は、その後も毎年
増え続け、2014年には37万人に跳ね上がっている。この数字だけを見ると、早期発見・早期治療をしても、全く効果が現れていないではないか。


 さらにデータを読み進めると、2011年には、それまで死因順位の第4位
だった肺炎が3位に浮上し、その後も順位に変動はない。これまた、妙な気がする。私は、増えた肺炎による死亡者のなかには、かなりのがん患者が含まれていると思う。
 
 以前、胃がん治療中だった友人は、家族で作った餃子を誤嚥(ごえん)し
て、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で亡くなった。


 肺炎とは、肺の炎症の総称であり、さまざまな原因によって発症する。特に、がんの治療中は、体力低下とともに、免疫力も低下している。そのため、細菌感染による肺炎にかかりやすい。また、抗がん剤や漢方薬によって、薬剤性肺炎が発症することも知られている。そして、私の友人のように、誤嚥による肺炎も起こりやすくなる。

 しかし、がんの治療中であっても、肺炎で亡くなれば、統計上の死因は、がんではなく、肺炎となるらしい。このことは、2011年以降に限ったことではないし、いきなり肺炎が増える理由もない。要は、あまりにも増え続けるがんによる死亡者数を、少しでも小さく見せるためのトリックではないのか。

 実際、がん死は、早期発見・早期治療をすれば、間違いなく減るはずなの
に、なぜか増え続けている。そこに、統計には現れないが、がんではないのに、がんだと誤診された数を加えれば、早期発見・早期治療ではがん死を防げないだけでなく、度重なる検査や、がんの治療そのものが、がん死を増やしている可能性もある。

 

 そう考えると、この早期発見・早期治療をやめれば、統計上のがん死は減る
のではないかとすら思う。私の考えは極端だろうか。

 そういえば、落語の演目に、「手遅れ医者」というのがあった。
来る患者、来る患者全員に、「手遅れだ」と診断する、ヤブ医者の話である。
手遅れだと診断した患者なら、死んで当然、それがもし助かれば、あの医者は手遅れの患者を治した名医だ、といわれるから、好都合なのだ。

 

 そんな「手遅れ医者」のところに、あるとき、屋根から落ちた人が担ぎ込まれた。例によって、医者は「手遅れだ」と診断した。すると、患者を運んできた人たちが、「こいつは今、屋根から落ちたばかりだ」という。そこで、「そりゃ、落ちる前に連れてこなきゃ手遅れだ」と医者がこたえて、オチとなる。
とんでもない医者だナと笑う話である。

 

 だが、がんに限っては、「早期発見・早期治療をすれば治る」などという医
者よりも、はなから「手遅れだ」といってくれる医者のほうが、まともかもしれない。いずれにしても、今の医学で、がんをつかまえたと思ってはいても、実際には、まだ全体像すらつかみきれていないのだ
                             (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください