【ポリファーマシーと医師の役割】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.344 6/3/2015 

 

 医者にとって、もっともイヤな患者の話がある。
ある医者の奥さんが、ちょっとした症状をダンナ(医者)に伝えた。
すると、「これでも飲んでなさい」と薬を渡された。

 

奥さんは、数日はその薬を飲んでいたが、一向に症状が治まる気配がない。

そこで、「アナタッ、あの薬、ゼンゼン効かないじゃない!」とダンナに文句をいった。

 

ダンナは、「あ~そうか。それならこっちの薬でも飲んでみるか」と軽くあしらった。
その態度に奥さんがぶち切れた。
「アンタッ!病院でも、そんないい加減に患者さんに薬を出してるのっ」とダンナを叱りつけたのだ。
どこへ行っても医者は偉いが、家庭で偉いのは奥さんだ。
医者であっても、家庭内の序列には逆らえないというわけだ。

 普通なら、病院で「薬が効かない」といって、医師を叱りつける勇気のある患者はいない。
それどころか、患者の多くは、医師がしっかり診断して処方しているのだか
ら、その薬が効くのは当たり前だと思っている。

 しかし、医師というのは、直接生命に関わる症状でなければ、適当に薬を飲ませておけば、そのうち治まるだろうとタカをくくっている節がある。
絶対にこの薬が効果を発揮するはずだ、などと確信をもって処方している医師などいないのではないか。
にもかかわらず、患者が期待しているのは、時代劇に出てくる南蛮渡来の薬のような存在だ。


 しかし現実では、薬を飲んでその場で症状がピタリと止まるなどという
展開はめったにない。
効いたように思える薬でも、その効果のほとんどが、自然治癒によるものである。

なかには、その薬が自然治癒力のジャマをすることすらあるから、よほどのことがない限り、薬など飲まないほうがいい。

実際、来院患者や奥さんには気楽に出す薬を、愛する我が子に常用させている医師などいないはずだ。
だが、多くの患者の薬に対する信頼となると、信仰に近いものがあって、私は理解に苦しむことも多いのである。

 私は常々、市販薬だけでなく、医師が処方する薬も、大方がムダな薬だと感じている。
先日、ある男性が陰部に痛みを感じて、泌尿器科を受診した。
医師はまず、前立腺がんを疑って、一通りの検査をした。
しかし、異常が見つからなかったので、とりあえず前立腺炎と診断を下し、抗生物質を処方した。

 ところが、その薬を飲み続けても、全く症状が治まらない。
そこで私が調べてみると、彼の陰部の痛みは、腰椎と骨盤のズレが原因だった。
私は今までにも、同様の症例はイヤというほど見てきた。
当誌でも何度も書いてきたので、おなじみの読者も多いだろう。
もちろん、そのズレを戻したら、医師の診断では感染症だったはずの症状が、即座に解消してしまった。
つまり、彼が飲み続けてきた薬は、全くのムダだったのである。

 日本に限ったことではないが、医療システムは必要のあるなしにかかわらず、薬を使うことで成り立っている。
そのため、ことあるごとに薬で何とかしようと考える医師が、圧倒的多数派なのだ。
その結果、ポリファーマシー(多剤併用・医薬品の不適切な使用)による薬物有害反応が、数多く発生することになる。
特に高齢者の場合は、それが深刻な事態へと発展する頻度も高い。

 高齢者というのは、おしなべて処方されている薬の種類が多い。
その薬の副作用には、ふらつきや目まいを伴うものも多い。
そのふらつきが原因で、転倒して大腿部を骨折し、寝たきりになって、誤嚥性(ごえんせい)肺炎で死亡するというのが一つのパターンになっている。
統計でも、80代以上の高齢者は、転倒以降の死亡率がグンと高いのである。
 
 また、高齢者の場合、自分で薬の管理をすることにもムリがある。
ある80代の女性は、4科の医師から合計10種類の薬を処方されていた。
それらの薬のうち半分ほどに、ふらつき・目まいの副作用があり、注意書きには、車の運転や高所作業は避けるようにと書いてある。

本人も、日常的に「ふらつく、目まいがする」と訴える。

 

しかし、高齢者は、その薬を飲んだこと自体を忘れて、調子が悪いと感じると、同じ薬をたて続けに飲んでしまうことも度々ある。
高齢者でなくても、薬というのは、飲めば飲むほどいいものだと誤解している人は驚くほど多いのだ。

 こういった薬の副作用で、転倒を繰り返している例が多いことは、容易に想像がつく。
しかし、当の医師たちは、そのようなことには全く頓着しないで、薬を処方する。
しかも、ほとんどの医師は、高齢者の薬を増やすことはあっても、減らすことなどない。
まして、他科の専門医からの処方には、一切関知しないという、妙なセクト主義もはびこっているから恐ろしい。

 実は、今後急増するといわれている認知症も、その原因の一端を担っているのは、このポリファーマシーにあると私は考えている。
本来、薬の処方に、医師がほとんどの権限をもっているのは異常なことだ。
薬の専門家は、医師ではなく薬剤師のはずだ。
薬剤師から見れば、医師は薬に関して、特に薬の副作用に関して、勉強不足だと感じることが多いという。
このようないびつな医療システムが続くと、ポリファーマシーのような問題も、さらに深刻化するのは当然だろう。

 だが、このシステムの土台を支えているのは、ひたすら薬を求め続ける患者自身の思いにある。
まともな医師が、「薬で治るわけではない」と必死に説得しても、「なんでもいいから薬を出せ」、と迫る患者は多い。

 

その姿を見るにつけ、実は今も昔も、医療に求められているのは病気治療そのものではなく、不安の解消ではないかと思えてくる。
その心理の深い部分をつかみきれなければ、ポリファーマシーの問題も解決できないだろう。

やはり現代においても、医師に求められている役割とはメディスンマンではなく、あらゆる不安から開放してくれるシャーマンなのかもしれない。 

                             (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください