【心臓の検査と治療のリスク】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.343 5/6/2015 

 

 先日、友人が心臓の検査を受けたら、冠動脈が細くなっていると診断され、
医師からはカテーテル治療を提案されているという。

 冠動脈とは、心臓の筋肉に酸素を送る、もっとも重要な血管である。
その冠動脈で血流が遮断されれば、心筋梗塞となって命に関わることになる。
そこで、狭くなった冠動脈にステントと呼ばれる金属製の管を挿入して、血管を広げるのがカテーテル治療である。

 カテーテル治療が開発され、マスコミで発表されたのは確か1990年代のことだった。
当時、なんと画期的な治療法だと驚いた記憶がある。
そのカテーテル治療を医師から勧められた友人は、私にどうしたら良いかと相談してきたのだ。

 正直にいえば、私としてはこのような相談はなるべく受けたくない。
安易なことをいうと責任重大であるし、実際、彼の冠動脈がどの程度狭くなっているのかも私にはわからない。
だが医師の判断でも、あまり緊急度が高い状態ではなさそうだ。

 そもそも彼が心臓の検査を受けたのも、特別な症状があったわけではなく、たまには心臓も調べておこうか、という程度のものだったようだ。
それなのに、彼はCT検査まで受けていた。

 

 最近の病院では、心臓病を疑う患者には即CT検査を行うようだ。

しかし以前なら、心電図や血液検査をした後で、特に心臓病の疑いが強い場合にカテーテル検査を行っていた。


 心臓の検査となると、CT検査はもちろん、カテーテル検査では少なくとも10ミリシーベルトもの放射線に被曝することになる。
当然これらの被曝によって、将来的に心筋梗塞のリスクが跳ね上がってしまう。
現在の心筋梗塞の発症リスクと、将来のリスクをどう天秤にかけるかは誰にとっても悩ましい問題である。

 しかも、今現在のリスクの回避といっても、さらに問題がある。
発表された当時は画期的だと思っていたステント治療も、実は完成された治療法ではなかったのだ。


 ステントを挿入した部分では、再度、血管が狭くなる頻度が割合高いし、最新の改良型のものでも再発のリスクは残されている。
進歩したとはいえ、カテーテル治療そのものにも十分リスクがあるのだから、気軽に勧められる治療法とはいえない。
 
 私はこれまでにも、心筋梗塞と胸椎のズレとの関係については何度も言及してきた。
それでは、冠動脈が狭くなることにも、胸椎のズレが影響しているのだろうか。

 

 前回もお伝えした通り、胸椎のズレが動脈硬化の原因になっている可能性は高い。
動脈硬化は心筋梗塞の最大の原因だといわれているが、胸椎のズレが動脈硬化を引き起こしているのであれば、冠動脈が狭くなる原因になっていると考えることも可能だろう。

 

 しかし、胸椎のズレを戻したからといって、一度狭くなった冠動脈が、再度、広がるかどうかまではわからない。
もちろん、私がそのようなことを実際に調べることもできない。
また、実験してみるわけにもいかないから、今の私にははっきりとしたことはいえないのだ。

 はっきりといえることは、過去に心筋梗塞などの心疾患を発症したことのある人の体には、共通した特徴があることだ。
彼らの胸筋はみな異常に硬く、緊張状態になっている。
まるで、胸筋が肋骨にへばりついているように感じられることもある。
これは、明らかに交感神経が異常な興奮状態にあることを示している。

 

 そしてそのような異常な胸筋の緊張が、胸椎のズレを戻した途端、消え去ってしまうのである。
つまり、胸椎のズレが交感神経を介して胸筋を緊張させていたのだ。
しかも交感神経は心筋に対しても同様の作用を及ぼしている可能性がある。

 本来、心臓の機能とは、血液を送り出して全身に循環させることにある。
そして、心臓の運動機能の優劣は、心筋の伸縮能力の違いなのである。
この心筋と呼ばれる心臓を動かす筋肉は、胸筋などの骨格筋同様に横紋筋という筋肉でできている。

 

 胸椎のズレは交感神経を異常な興奮状態にしているから、胸椎がズレて胸筋が緊張状態になれば、同時に心筋の伸縮能力にも影響が及ぶ。
その結果、心筋梗塞の発症にも関係してくるのだろう。

 また一般的に、心筋梗塞の治療後も交感神経の亢進状態が続くことがある。
このことが心筋梗塞の再発の可能性にもなっている。
医学的にはなぜ交感神経の亢進状態が続くのかははっきりとはわかっていない。
しかしこれも、原因となっている胸椎のズレが解消されていないからではないのか。

 さて、上記の友人の胸筋を調べてみたところ、ほとんど緊張状態は見られなかった。
この程度なら、さしあたって特別な治療は必要なさそうだ。
なまじ検査など受けなかったほうが精神衛生上も良かった気がするが、無論、私の立場でそんなことを本人にいうわけにはいかない。

 

 もちろん心臓の検査や治療は命に関わる重要なことである。
それでも、検査と治療そのものが抱える問題は軽視できるものではない。
それならば、せめて心臓に特別な異常を感じない段階は、心電図と血液検査に胸椎のズレのチェックを加える程度に留めておきたいものである。
                             (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください