【コレステロール冤罪事件】

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.342 4/1/2015 

 

 アメリカの厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が、この2月に、「コレステロールを過剰摂取しても血清中のコレステロール値は上がらない」と発表したことをご存じだろうか。

 

これは、従来の医学常識を根底から覆す内容だが、その後、国内のマスコミが騒ぐ気配がない。
 
 コレステロールを摂り過ぎると、血清中のコレステロール値が上がり、動脈内壁にコレステロールが沈着して動脈硬化の原因になるというのが、これまでの常識だった。

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞を引き起こす要因となるため、できるだけコレステロールを減らした食事が推奨されてきた。

 

 ところが実際には、コレステロールをたくさん摂ったからといって、太るわ
けでもないし、動脈硬化になるわけでもないらしい。
そればかりか、逆にコレステロールは大いに摂取すべし、そのほうが体に良いとまでいうのだから、驚く話ではないか。

 国の内外を問わず、医学界でもマスコミでも、あれだけ悪玉だのメタボの原因だのと大騒ぎして、コレステロールを敵視してきたはずだ。
あれは何だったのか。
結局、根拠のない話だったというのなら、それはそれで、マスコミもそれなりの報道をすべきではないのか。

 では、食品に含まれるコレステロールが悪者ではなかったとなると、何が原因で血清中のコレステロール値が上がってしまうのか。
動脈硬化の真の原因は何なのか。
食品中のコレステロールが冤罪だったとしても、肝心の真犯人はいまだに野放しである。

 

 しかし私は、拙著『からだの異常はなぜ左に現れるのか』において、動脈硬化の大元の原因が、コレステロールのせいではないことをすでに説いた。
くわしくは、本書をご参照いただきたいが、要は、動脈硬化には、背骨のズレという機械的な要因が介在していると考えられるのだ。

 頭蓋や頚椎が大きくズレた状態を見れば、それらのズレは、間違いなく頸動脈や椎骨動脈に対して障害を与えている。
人体の構造を考えれば、逆に、何の影響もないと考えるほうがおかしいのである。
ズレを戻したときに起こる血流の変化からみても、その結果は十分に予測しうる。

 しかも、同様のことは、胸椎や腰椎などでも起こっている。
たとえば、動脈硬化による代表的な症状に、間欠跛行(かんけつはこう)が
ある。

 

 間欠跛行とは、歩行の最中に、下肢の痛み・しびれなどで突然歩けなくなり、しばらく休息すると、また普通に歩けるようになるという症状である。

同様の症状は、腰椎がズレている人にしばしば見られるが、医学的にはズレ
という概念がないため、ズレによる影響も医学的に考慮されることがなかっただけなのだ。

 さらに、さまざまな症例や、ズレの解消後に見られる現象から判断すると、背骨のズレは、交感神経の緊張状態を持続させていることもわかる。
この、交感神経の緊張状態の持続も、十分に動脈硬化の原因となりうるのである。
 
 背骨のズレによってダメージを受けた動脈壁には、修復のため、マクロファージなどの免疫細胞が集まる。
また、修復のためには、肝臓でもコレステロールが新たに生合成される。
すると、血清中のコレステロール値は上昇し、血管内壁のダメージ部分には、コレステロールが沈着する。
このような状態が、一般的に動脈硬化だとされているのではないか。
 
 ここで重要なのは、これらのことが一過性の現象では終わらない点である。
原因となっている骨のズレを戻さなければ、コレステロール値が下がることはないし、交感神経の緊張状態も続く。
それが脳卒中や心筋梗塞の大きな原因となるだけでなく、発病後も同じリスクが持続してしまうのである。
 
 また、コレステロールが悪者ではなかったとなると、大きな問題として浮上してくるのが、スタチンと呼ばれるコレステロール降下剤の存在である。
スタチンは、コレステロール低下作用と、動脈硬化の予防作用を持つといわれている。
だからこそ、脳卒中や心筋梗塞の予防薬としても多用されてきた。
しかし、動脈壁の修復のために生合成されていたコレステロールまで、スタチンが減らしてしまうと、逆に、脳卒中や心筋梗塞のリスクが上がるのではないか。

 

 スタチンによって、脳卒中や心筋梗塞のリスクが低下しているという医学データが正しいのであれば、それは、血清中のコレステロール低下作用のせいではなく、これまではスタチンの効果としては脇役だと認識されてきた、血管内皮機能改善、抗炎症作用、免疫機能改善などの作用のおかげではないだろうか。

 さらに気になるのが、コレステロール値を下げ過ぎると、認知機能の低下やうつ病の発症原因となる点である。
これは医学的にも認められた事実であるが、当の医療者でもそう認識している人は意外に少ない。
そのため、むやみに血中のコレステロールを下げ過ぎて、健康を損なっている可能性も否定できない。
こういったわけだから、コレステロールについては、今後、さらなる検証が待たれるのである。

 いずれにしても、今回のコレステロールに対する手のひら返しは、医学史に残る事件といえる
確かに、医学的に正しいとされてきた認識であっても、時を経れば、定説が覆されるのは珍しいことではない。
今では、タバコ・肉・塩あたりも、悪役としての地位が揺らいできているようだ。

 

「それじゃあ、何を信じればいいのだ」
そんな嘆きが聞こえてきそうだが、医学的な常識などというのは、その程度のものだということを、われわれ自身が認識しておくしかないのだろう。
                             (花山水清)

 

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください