新著『 からだの不調はなぜ左に現れるのか 』発売にあたって

メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.338 12/3/2014 

 

 あなたは体が左右非対称になっていることに疑問をもったことはないだろうか。


 ・なんで、私の左目は小さくなってるの?

 ・左のウエストだけ寸胴なのはどうして?
 ・どうも髪の手触りが左右で違うみたいだ
 
  
 自分の体の状態が左右対称でないことに、違和感をもっている人は意外と多い。
この違和感は、履いている靴のサイズや色が、左右揃っていないときに感じる気持ち悪さにも似ている。

 生物学や心理学などでも、体の非対称性については、さまざまな研究の
テーマとされてきた。
だが、かつてそれらの研究者のなかで、左右の違いに規則性が存在すること
を発見した者はいない。
元来、体というのは非対称なものだから、そこに規則性が存在するなどとは
思ってもみなかったのだろう。
確かに、どの研究者に、私が発見したこの現象の存在を伝えても、その意味
する重大性を真に理解できる人はいなかった。

 また、この現象は、がんを始めとするさまざまな疾患に、深く関わってい
ることもわかってきた。
そのため、この現象の原因の究明と解消法の確立が、私に課せられた義務の
ようなものとなっていった。
ことの重大性を考えれば、それは急務でもあったので、以来、私の時間の多
くを費やさざるを得なかったのである。

 

 ところが、知れば知るほど、この現象の解明は、一筋縄ではいかないシロ
モノであった。
そして、その謎が一つ一つ解けていくに従って、その意味する重大性はます
ます増していった。
それなのに、今に至るまで、これほど重要な事実が、一般には全く知られな
いままなのである。

 この本では、この「アシンメトリ現象」に対する一般への認知のための努力の過程と、疑問の解消の軌跡を、時系列にまとめてみた。
さらに、ただ事実を羅列しただけでは、読み手の共感を得にくいと考えて、
科学の発見にストーリー性を持たせるべく、私の人生の総まとめ的なものも
加えて、1年あまりの時間をかけて書き上げた。
書き上げた当初は、倍以上のページ数であったが、商業出版ゆえに、今回の
ページ数(約200ページ程)に要約された。

 

 しかし、大まかな内容は網羅してあるつもりであるし、すでにお読みいただ
いた方からの感想でも、真髄の部分は伝わっていることがわかって、安堵し
ている。

 

 また、より多くの人にこの本を手にとっていただきたいと思うのは、著者
として当然だが、本書にはかなりセンセーショナルな内容も含まれているので、今後の社会的な反響には恐怖すら感じているが、本書の意図するところが正確に伝わってくれることを衷心から願っている。
                             (花山水清)

 

 後の号 ←                        

メールマガジンバックナンバー目次

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください