【人間の食餌に食物繊維(セルロース)は必要なのか?】

         メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.321 2013/07

 

 スーパーで買い物をしていると、他人の買い物カゴのなかをつい見てしまう。

若い女性のカゴには、必ずヨーグルトとレタスが入っている。

そして、高齢女性のカゴには、意外にもステーキ肉が入っていることが多いのである。

 

 一般的には、高齢者の好みは野菜や魚中心であっさりしているイメージが強い。

しかし実際には、しっかりと肉を食べる高齢者が多いようだ。

 

 確かに、一昔前までの高齢者は肉食が少なかったので、加齢とともに血管がもろくなって、脳出血で亡くなる人が多かった。

それが今では、肉を食べるようになったせいか、脳梗塞が増えている。

 

 とはいえ、日本人が肉を食べ出したのは、たかだかここ100年ほどのことである。

それ以前の日本には、仏教の影響もあって、肉を食べる習慣はあまりなかった。

そのため、日本人の食生活は、一汁一菜のような粗食が理想とされていた。

 

 今でも、肉食よりも菜食のほうが、健康で理想的な食餌だと思っている人が多いようだ。

 実は私も、そう思っていた時期がある。

しかも、菜食主義のほうが、精神性が高いイメージすらあった。

しかし今では、肉食は最も効率よくタンパク質を摂取できる理想的な食餌であり、栄養素と精神性の問題は切り離して考えるべきだと思うようになった。

 

 実際のところ、経済力が世界最高水準になった今でも、日本人の肉食率は、欧米人に比べると格段に少ない。

それでも、多くの日本人は、「健康のためにはもっと野菜を食べなければいけない」という強迫観念にとらわれている。

 

 では、そもそも人間は、本当に野菜を摂らなければいけないのだろうか。

進化論では、ヒトはサルから進化したことになっている。

だから、人間の本来の食性は、チンパンジーと同じ雑食性だといわれているのである。

そして、当然のこととして、栄養学では、肉、魚、野菜などをまんべんなく食べることが健康に良いとされている。

  

 ところが、最近の研究では、チンパンジーは元々肉食の傾向が強いそうだ。

それなら人間も、本来は肉食なのではないか。

実際、少し前のイヌイットやモンゴルの遊牧民は、野菜など食べていなかった。

また、人類が1万年ほど前に農耕を始めるまでは、当然、肉食が主体だったのである。

だから、人間は肉食動物か草食動物かと問われれば、多分、肉食動物に近いはずだ。

 

 肉食動物か草食動物かの違いは、食物繊維を体内で消化し、栄養素を吸収できるかどうかによる。

人間は、食物繊維を消化するための酵素を持っていないので、草食動物ではありえない。

そのため、いくら食物繊維を摂っても栄養にならないばかりか、食物繊維は、人間の体内では栄養素の吸収を阻害したり、遅らせたりもする。

我々は、牛や馬のように草だけ食べて、あんなに立派な体を作ることはできないのである。

 

 食の本来の目的は、食べ物から栄養素を体内に取り込んで、体を構成したり、活動のエネルギーを得ることにある。

そうなると、人間には食物繊維を摂る必然性が見当たらない。

 

 それでは、何のために食物繊維を摂るのか。

栄養学上は、腸の働きを整え、有害物質の排泄をスムーズにするため、つまり、便通を良くするために必要なのだと説明されている。

 

 しかし、食物繊維を摂ることで大腸ガンの予防になるという説もあったが、これには実証はない。

野菜をたくさん食べるとガンにならないと信じ込んでいる人は多いが、こちらも期待に反して、実証はされなかったのである。

なかには、ガンになってから肉を絶ち、玄米菜食に切り替える人もいるが、それではどうしてもタンパク質が不足する。

ガン患者がタンパク質を減らすのは、自殺行為であることだけは肝に銘じておきたい。

 

 いずれにせよ、食物繊維を摂ることは、食の本来の目的には適っていない。

私たちは子供の頃から、何でもバランスよく食べるのが良いといわれて育っているが、どうも日本人の平均的バランスは、野菜に偏り過ぎているようである。

食物繊維を大量に摂るため、他民族に比べて日本人の便の量が多いのは有名な話ではあるし、我々の胴の長さもそのせいだといわれては笑えない。

 

 人間には、生命維持のために食欲という本能が備わっている。

食欲とは、間脳の働きによる栄養欲求である。

しかし、今の日本人の食の欲求は、生命維持どころかグルメとダイエットが同居し、本能とはかけ離れたものになっている。

テレビなどのメディアから大量に垂れ流される情報に支配された結果、食欲の主導権の座は、間脳から大脳へとシフトしてしまったのだろうか。

 

 大脳は、与えられた情報によっていくらでもだまされる。

前回お伝えした、原発の安全神話に対する反応と同じで、真逆のことでも信じ込んでしまうのである。

 

 今も昔も、食の選択は限りなく信仰の領域に位置している。

どの宗教にも、必ず食のタブーが存在する。

信者の食を支配することで、信仰を深めさせるためである。

 

 現代の日本人の食は、さしずめ、無自覚なマスメディア信仰の末路といえようか。

それで得をするのが、信者でないことは明白だろう。

せめて食ぐらいは、正しい情報に基づいて、賢明な選択ができるようになりたいものである。

そこで次回は、マスメディア信仰に支配された、食の現実をもう少し考えてみたい。

(花山 水清)

         ハナヤマ通信バックナンバー

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください