2019/03/20
私が大好きな西岸良平のマンガに、『三丁目の夕日』という作品がある。 実写での映画にもなったので、ご存じの方も多いだろう。 この作品の時代設定は昭和30年代だ。 コマの隅々まで、私が子供のころに見て育った風景だから、見ていて飽きない。 流行に疎い私は、マンガだけでなく音楽からファッションまで、昭和仕様のままである。...
2019/03/10
シン・ゴジラDVD
2019/03/03
私は美術家である。 アーティストと表現することもあるが、自分では美術家だと思っている。 美術家の目的は、自然のなかから美を見つけ出し、それを切り取ることである。 自然から美を見つけること自体はむずかしいことではない。 神が作った自然のなかに、美しくないものなど存在しないからだ。...
2019/02/27
ムソルグスキー『展覧会の絵』 カラヤン指揮
2019/02/19
昨年末に完売していた本(『からだの異常はなぜ左に現れるのか』)の増刷が決定しました! 中古市場にもほとんどない状態だったので、一時は1万円台でも売れていたようです。 増刷分は3月上旬には店頭に並ぶものと思われます。 これで3刷ですから、ありがたいことです。...
2019/02/13
 私は日本人気質と呼ばれるメンタリティは、親鸞によって作られたと思っている。 釈迦入滅後2500年以上をかけて、仏教はさまざまな形に変化しながら世界に広がっていった。その究極の姿が、浄土真宗の宗祖である親鸞(1173-1263)の教えではないかと思うのだ。  親鸞の教えとはなにか。...
2019/02/01
『オロッコ譚』若山純一著
2019/01/31
あるとき、武蔵野美術大学の相沢韶男先生が、リヤカーに自著を積んで売っている男に出会った。話を聞くと、これからリヤカーを引いて日本中を売って回るつもりだという。 早速、彼の本を買い求めて読んでみると、とんでもない名著であった。学生たちにもすすめ、一部地域では話題の本となった。
2019/01/21
武蔵野美術大学には、民俗学者の宮本常一が教鞭をとっていた時期があった。美術大学であるから、ふしぎなことではある。他の大学からも引き合いはあったそうだが、宮本が師事していた渋沢敬三はうんとはいわなかった。そして、武蔵野美術大学からの誘いに対してだけ、「ここならいい」といってくれたのだという。...
2019/01/11
新版『自然界における左と右』 マーティン ガードナー 紀伊國屋書店 1992-05-01

さらに表示する

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください