百済観音像の脚は長いのに、なぜ日本の仏像はみな脚が短いのか


 私は日本でもっとも美しい仏像は、法隆寺の百済観音像だと思っている。

百済観音像といえば、飛鳥時代を代表する仏像の一つである。

その左右対称ですらりとした八頭身は、アルカイック様式を思わせる。


 しかし日本では、このようなプロポーションを持つ仏像は他にはない。

日本のほとんどの仏像は、顔が大きくて寸胴で脚が短い、まるっきり日本人体型そのものなのである。

渡岸寺の十一面観音像にしても、あれだけ美しい姿でありながら、脚は極端に短い。

なぜ日本の仏像はこんなに脚が短いのだろうか。


 以前読んだ本には、拝観者が仏像を仰ぎ見るのに都合が良いように、下半身を短くしてあるのだと書かれていた。

当時はその説明で納得していたが、よくよく考えてみればそんなわけがない。

仏像を見上げるのなら、遠近法では逆の表現になるはずなのだ。


 遠近法には、大きく分けて線遠近法と逆遠近法とがある。

線遠近法では遠くのものを小さく、近くのものを大きく表現する。

一般的に遠近法として知られているのは、この線遠近法のことである。

逆遠近法では、その反対になる。


 信仰の対象となる仏像であれば、大きさを強調するためには、線遠近法を用いて脚を長く上半身を短くしたほうが、より効果的だ。

現に百済観音像の場合は、そのように造られているのである。

それなのに、なぜ日本の仏像の多くは逆遠近法で造られているのだろうか。


 実は遠近法と逆遠近法には、遠近の向きだけでなくもう一つ大きな違いがある。

それは視点の違いなのだ。

線遠近法の場合は、作者は鑑賞者と同じ視点に立って、見る側の目線で対象物を造り上げる。

ところが逆遠近法となると、作者の視点は対象物の側に立つ。

そして内側から鑑賞者を見る。

つまり、視点が180度逆転するのである。

すると日本の仏像を造った仏師の目線は、拝観者の側ではなく仏の目線だったことになる。

日本の仏像の脚が短いのは、単にわれわれに似せたわけではなく、仏が衆生を見下ろしている形を表現した、特殊なものだったのだ。

Cookie ポリシー | サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 文章・画像の無断転載はご遠慮ください