メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.370 Aug. 2017

 

『 本当に怖いのは、痛みを出さない沈黙のズレ 』

 

 日ごろの会話で何気なく発した言葉によって、相手の表情に一瞬のくもり
を感じ取ることがある。

おぼろげながら、その表情の変化が、後々まで心のどこかにひっかかり続け
る。

そしてしばらく経ってから、「あぁそうだったのか」と、その時の相手の気
持ちが理解できる。

そんなちょっとした経験の積み重ねが、その後の人付き合いにとって、貴重
な知恵となる。

人間関係だけでなく、ふと気になった些細な出来事が、何かの理解を深める
きっかけになったりもする。

そういう経験は、だれにでもあるだろう。

「アシンメトリ現象」の探究も、日々そのようなことの連続なのである。


 例えば腰痛にしてみても、「モルフォセラピー」にとっては、何ら目新し
い現象ではない。

腰痛患者の腰椎に触れて、そこに大きなズレを確認できさえすれば、ほぼ腰
痛の原因を見つけたことになる。

後は、そのズレた骨をあるべき位置に戻すことで、全てが解決するはずだか
らだ。

だがまれに、腰椎の一番大きなズレを解消しても、症状が全く変化しないこ
とがある。

そこで、大した影響はないだろうと予測していた小さなズレのほうを戻して
みると、症状が消える。

痛みの原因は、大きいほうのズレではなかったのだ。

同様のことは、腰椎だけでなく他の骨でも見られる。


 このような、ズレ幅が大きいにもかかわらず自覚症状がないズレの存在は、
それまでにも認識していたが、あまり重要視していなかった。

そもそも、「モルフォセラピー」は、患者の負担を最小限に考える安全第一
主義である。

そのため、症状の原因となっているズレだけをピンポイントで解消すること
に専念し、症状を出していないズレに対しては、極力何もしないことにして
いた。

下手に手を出したがために新たな症状を誘発し、収拾がつかなくなる事態は
避けたい。

余計なことをして寝た子を起こすよりも、症状が出てから対処したほうが、
患者にも負担が少なく、効率が良いはずだと考えていたのである。

ところが今は、骨のズレを見つけたら、自覚症状の有無にかかわらず、ただ
ちに矯正することを推奨している。

なぜなら、痛みなどの自覚症状がないタイプのズレが、がんなどの重大疾患
に深く関与していることがわかったからである。


 私の考えでは、がんは骨のズレによって、機械的に刺激を受けた神経の支
配領域に発症している。

しかも、がんを発症させるタイプのズレは、極端にズレているのに、全く痛
みなどの自覚的な症状を出さないのが特徴だ。

そのような症状のない沈黙のズレは、今現在のがんの所在を示唆するか、も
しくは将来的ながんの発症を暗示しているのである。


 それでは、がんを発症させるタイプの骨のズレは、なぜ痛みを出さないの
だろうか。

骨がズレれば、間違いなく知覚神経を刺激する。

それなのに痛みがないのであれば、そこには何らかの強力な鎮痛作用が働い
ていることになる。

実は、骨のズレに対するこの鎮痛作用と共通のメカニズムが、がんにも存在
しているようなのだ。


 がんというのは、ある程度の大きさになっても、痛みなどの自覚症状がな
い病気である。

またそのことが、がんの発見が遅れる理由でもある。

それではなぜ、がんは痛くないのか。

例え1、2センチほどの初期のがんであろうと、必ずまわりの組織に炎症が
広がっているはずだ。

それが、周辺の知覚神経に全く触れないなどということはありえない。

歯茎が少し腫れただけでも、関係ないはずの頭まで痛くなるのはよくあるこ
とだ。

そう考えれば、がんにも、体内で何らかの鎮痛作用が働くメカニズムが、存
在していることがわかる。

それでは、骨のズレとがんに働いている鎮痛作用とは、どのようなものなの
だろうか。


 以前、「アシンメトリ現象」を「形態異常」と呼んでいた頃、この現象の
原因物質として、アルカロイドや有機リン系殺虫剤、放射線などが候補に上
がっていた。

これらの物質は発がん性を持つと同時に、鎮痛作用を持つことが知られてい
る。

だが、諸々の条件を考慮すると、これらの原因物質による外因だけで、全て
の骨のズレやがんの鎮痛作用を説明するには、無理があった。

そこで、外因だけでなく内因にも目を向けてみた。

すると、新たに内因性オピオイドの存在が、候補として浮上してきたのであ
る。

 
 内因性オピオイドとは、体内で産生されるモルヒネ様の物質で、一般的に
は脳内モルヒネと呼ばれている。

また、内因性オピオイドは、鎮痛、免疫増強、がんの抑制などのさまざまな
作用を有することで、現在、各方面から注目されている物質でもある。


 私は今までに多くのがん患者の体に触れてきたが、彼らの知覚神経は、異
常に鈍くなっているのが特徴だった。

今思えばその鈍さの原因は、内因性オピオイドによる鎮痛作用の働きだった
のだ。

内因性オピオイドによる鎮痛作用は、がん抑制のために元々人間に備わって
いる、自己防衛機能が発動した状態だと考えられる。

そして、この自己防衛機能を発動させるスイッチとなっているのが、骨のズ
レなのではないだろうか。


 骨が極端にズレることは、人体にとって、がんの発生に影響する危機的な
状況である。

そのため、極端なズレに対しては、即座に自己防衛反応として、内因性オピ
オイドを介した鎮痛作用が働き始める。

このように考えていくと、痛みを出さないタイプのズレへの疑問が、すんな
りと解けたのだ。


 近年、医療界とその周辺で、内因性オピオイドを利用したがんの抑制が盛
んに試みられている。

しかし残念ながら、それだけではがんの根本原因まで解消することはできな
い。

現段階におけるがん抑制の最善の方法とは、骨のズレを見つけたら、症状の
有無、ズレ幅の大小を問わず、速やかに全て矯正しておくことなのである。


 骨がズレると、頭痛や腰痛だけでなく、さまざまなつらい症状が出る。

しかしどんなにつらくても、痛みなどの症状が出ているうちは、まだまだ怖
くない。

本当に怖いのは、全く痛みを出さない沈黙のズレである。

小言をいっているときの奥さんよりも、黙り込んでしまった奥さんほど怖い
ものはない。

何もいわないから何もないのかと思って、安心していたら大間違いだったと
いう経験は、既婚男性なら思い当たる方も多いはずだ。

要するに、骨のズレに関しても沈黙は怖いものであることを、われわれは肝
に銘じておくべきなのである。
                             (花山 水清)


メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 画像の無断転載はご遠慮ください