メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.366 Apr. 2017

 

『 シンデレラのブラジャーとガラスのハイヒール 』


 先日、近くのショッピングセンターに行ってきた。

歩き疲れてベンチに座ったら、ベンチの前でディズニーの『シンデレラ』を
上映していた。

ディズニーの『シンデレラ』は有名だが、実際に見るのは初めてだったの

で、しばらく眺めていた。

それにしても、おとぎ話というのは、なぜか子どもには聞かせられないよう
な内容のものが多い。

『シンデレラ』も、白人の美女が、その美しさだけで王子様に選ばれて結婚
するという、典型的な優生思想で構成されている。

こんな展開でメデタシメデタシ、などという価値観を幼児期に植え付けられ
たら、その子の将来が心配だ。


 それはさておき、私が気になったのは、シンデレラの健康のことである。

シンデレラは、ウエストを極端にしぼって胸を強調したドレスを着せられ、
しかもガラスのハイヒールを履かされていた。

確かに、その姿は女性美の象徴のような美しさで、他を圧倒していた。

だが、その見た目の美しさと引き換えに、彼女には厳しい現実が待っている
のだ。

 
 しばらく前にも当誌で書いたことがあるが、ある皮膚科医から聞いた話で
は、近年、ブラジャーのバンドが当たる背中の部分に、メラノーマ(悪性黒
色腫)が増えているという。

メラノーマといえば、発見されたときにはほぼ転移しているというぐらい、
悪性度の高い皮膚がんである。

本来、日本人のような有色人種には少なく、白人に多いがんで、特に紫外線
量の多い、オーストラリアに住む白人が、発症しやすいことで知られてい  た。

しかしそれも、UVカット商品などのおかげで、段々と減っているらしい。

一方、アメリカでは、逆にメラノーマが増えているという。

増えた理由は、検査による発見数が増えたからであって、発症数そのものが
増えているわけではないようだ。

それではなぜ、日本女性にメラノーマが増えているのだろうか。

しかも、最も紫外線の当たらない下着の内側の部分に、発症しているのはな
ぜなのか。

医師は、ブラジャーで慢性的にこすられた刺激が、原因ではないかと説明し
ていた。

しかし、こすられた刺激が原因ならば、鼠蹊部などは、色素沈着するほどこ
すられているのだし、電動歯ブラシの普及で、歯肉がんが増えたという話も
聞かない。

だから、この説明では納得できない。


 一昔前までは、ホクロががん化して、メラノーマになると考えられてい  た。

現在はこの説も否定されているが、ブラジャーのバンドの当たる部分に、大
きなホクロができている女性は多い。

本人は気づいていなくても、これはかなりの確率なのだ。

私の知る限りでは、そういうホクロは、骨のズレによって刺激された神経支
配の領域に、できていることが多い。

これは、骨のズレによる発がんのメカニズムと、同じなのである。

それなら、背中のメラノーマも、胸椎のズレによって発症していると考えら
れるのだ。

また、ブラジャーを着けていると、バンドの部分では胸椎のズレ幅が大きく
なる。

そのことが、メラノーマの発症を、より助長しているはずだ。


 前に、乳がんとブラジャーの関係について、当誌で取り上げたときは、女
性読者からの反響が大きかった。

やはり、ブラジャーを着けることには、潜在的に不安を感じている女性が、
多いのだろう。

ブラジャーは乳房をホールドして、外観を整えるための下着であるが、体幹
を締め付ける作用が、極めて強い。

そのため、胸椎が大きくズレるだけでなく、体幹部の血流が阻害されたり、
呼吸が小さくなったりといったデメリットも多い。

ところが、ある調査によると、日本女性の3分の1は、24時間ブラジャー
を着けたままだそうだ。

ブラジャーの着用時間が長いと、乳がんの発症率が上がるという説もある。

他にも、ブラジャーと乳がんの関係については、さまざまな医学的研究がさ
れてきた。

だが、いまだ決定的な結論には至っていないため、ブラジャーが危険視され
ることはない。

しかし、ブラジャーの着用が、胸椎のズレを増幅させている事実から見れ  ば、ブラジャーの着用は、十分、乳がんの危険因子になり得る。

しかも、メラノーマや乳がんだけでなく、女性の肺がんの発症も、同じメカ
ニズムが働いていると考えられるのだ。


 以前から、肺がんが喫煙によって発症することは、ほぼ確定した事実だと
いわれてきた。

ところが、タバコを全く吸っていない、女性の肺がんも増えていた。

その矛盾を解消するため、女性の肺がんは、副流煙による受動喫煙が、原因
だとする説が浮上した。

そうして、WHOの主導で、嫌煙権運動が世界中に広がっていった経緯は、
ご存じの方も多いだろう。

その結果、めでたく男性の喫煙率は大幅に下がったのだが、なぜか女性の肺
がんは、一向に減らなかった。

女性の直接喫煙率が、それほど上がっているわけでもない。

それなのに、相変わらず、肺がんの原因はタバコだということになってい  る。

受動喫煙原因説には、大した科学的根拠はなかったそうだから、肺がんの主
たる原因が、タバコかどうかすら疑わしい。

そこで私は、女性の肺がんも、メラノーマや乳がん同様、胸椎のズレが重大
な危険因子だと考えた。

そして、その発症を助長しているのが、ブラジャーの着用だと思うのだ。


 さて、ここからは話が少し複雑になるが、乳がんの発症には、胸椎だけで
なく、腰椎や骨盤のズレが関係している点も、説明しておきたい。

まず、乳がんの発症には、エストロゲンが腫瘍促進物質として関わってい  る。

エストロゲンは、卵巣から分泌される女性ホルモンである。

このエストロゲンの分泌を抑えると、乳がんの発症率が急落することも、疫
学上、証明された事実であるから、エストロゲンの関与は疑いようがない。


 また、現代の女性は、昔の世代よりも初潮が早く、妊娠回数も減ったた  め、月経期間が極端に長くなっている。
 
その分、エストロゲンの分泌期間が長くなり、乳がんのリスクが上がってい
るといわれる。

それなら、妊娠期間の末期は、エストロゲンの分泌量が最大になるのだか  ら、妊娠回数の多かった世代のほうが、乳がんのリスクが高くなるはずで

はないか。

この矛盾に対して、妊娠期間中のエストロゲンは、その後の乳がんのリスク
を下げる働きがある、という説もあるようだ。

話がかなり複雑に思えるが、要するに、エストロゲンの作用の仕組みは、ま
だ完全には解明されていないということである。

だが私は、エストロゲンについては、その分泌期間の長短よりも、骨のズレ
による分泌異常のほうが、重大だと考えている。


 たとえば、現代の日本では、多くの女性が月経の異常や、月経痛に苦しん
でいる。

それらの症状は、腰椎や骨盤のズレが原因であることが多い。

特に、骨盤のズレは、卵巣に対して機械的なひねりの力を加える。

すると、エストロゲンの分泌異常が引き起こされ、月経が異常になるのだ。

そして、エストロゲンが過剰に分泌されれば、それは腫瘍促進物質として、
乳がんの発症に寄与してしまうのである。


 さらに、腰椎や骨盤のズレは、子宮がんや卵巣がんの発症にも関わってい
る。

その腰椎や骨盤のズレを助長しているのが、ハイヒールなどの窮屈な靴なの
だ。

ほとんどの女性の足が、外反母趾になっていることから見ても、見た目の美
しさを優先して、爪先を締め付けるような靴を履いている女性が、非常に多
いことがわかる。

ハイヒールを履けば、重心が変わって、どうしても歩き方は不自然になる。

床面からの衝撃も、ダイレクトに全身に伝わりやすくなる。

それが、腰椎や骨盤のズレ幅を、大きくしてしまうのだ。


 現代の女性は、家庭から社会へと開放され、自由になったといわれる。

しかし実際には、単なるファッションですら、社会から求められる基準に合
わせようとして、健康を損なう女性が多い。

もともと、女性は女性であるがゆえに、女性特有のがんのリスクを負ってい
る。

その上、体を締め付けることで、わざわざそのリスクを増幅させるべきでは
ない。

『シンデレラ』のように、美しさだけが評価される大昔のおとぎ話など、真
に受けてはいけないのだ。

そもそも、王子様と結婚できさえすれば幸せになれる、などという発想自体
が情けない。

できることなら、見かけではなく、人間性そのものが幸せに結びつくよう  な、その人なりのハッピーエンドを見つけてほしいと思う。
 
                             (花山水清)

 

メールマガジンバックナンバー目次

後の号                         前の号

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 画像の無断転載はご遠慮ください