メールマガジン月刊ハナヤマ通信 Vol.350 12/2/2015 

 

妊娠・出産・授乳と骨のズレ

 最近、なかなか妊娠できないので、病院で不妊治療を受けている方が多い
ようだ。
治療のおかげで子どもを授かる方もいれば、何回治療を受けてもダメだった
という方もいる。
不妊治療というのは、かなりの費用と時間を要するだけでなく、心身に激し
い苦痛を伴うものであるらしいから、同情を禁じ得ない。
 
 先日、モルフォセラピーを実践している施術者から、興味深い話を聞いた。
以前から診ていた患者さんが、「おかげさまで妊娠できました」とお礼を
いってくれたのだという。
ところが、施術者としては、骨のズレによる症状には対処したが、不妊まで
治したつもりはないので、そのように伝えたらしい。
実際のところ、骨のズレと不妊とは関係があるのでしょうか、という質問
だった。

 同様の話は、他の施術者からも聞いたことがあるし、私にも何度も経験が
ある。
骨のズレと不妊との間に因果関係があるのかといえば、私はあり得ないこと
ではないと考えている。

 腰椎や骨盤のズレを矯正した結果、婦人科系疾患の症状が改善したという
例は、日常的に体験することである。
つまり、腰椎や骨盤のズレが、子宮や卵巣などに、何らかの機械的な力を加
えていたのだろう。
それぞれが引きつったり、血行不良に陥ったりしている状態が、結果として
不妊の原因になっていたのかもしれない。
それらの骨のズレを矯正して、本来の機能が正常に働くようになれば、排卵
・受精・着床もスムーズに行われるのだと考えられる。
確かに、ほとんどズレがなくてシンメトリーな体の人は、妊娠・出産が割合
順調に運んでいるようだ。
そういえば、健康体の見本のような、ある30代の女性も、結婚後すんなり
妊娠し、初産にもかかわらず、陣痛すら体験せずに出産した。
私の立場では、骨のズレと不妊に因果関係があるとは断定できないが、妊娠
を望むのならば、骨のズレの矯正をしておいたほうがいいといえる。

 ただし、モルフォセラピー協会では、妊婦に対しては、一切の施術を行わ
ないようにと指導している。
妊娠中に施術を受けることで、どのような結果が生じるか予測できないから
である。
かなりの施術効果が見込める反面、不利益を与えることになるかもしれない。
特に、胎児に何らかの影響を与えることは十分に予測できるため、医師の管
理下でない限り、施術は控えるべきだろう。

 なかには、原因不明の流産を繰り返す人もいる。
妊娠中に施術を受けた人が流産した場合、医者に相談すれば、根拠もないの
に、その施術のせいにされる危険性がある。
施術者の側には、妊娠に悪影響がないと証明する手段がない以上、妊婦の体
には絶対に触れるな、というしかないのである。

 とはいえ、妊娠中に、腰痛で苦しむ人もかなりの数に上る。
妊娠中の腰痛といっても、原因は骨のズレであるから、矯正すれば解消する
し、そういう要望もたくさんいただく。
そのような場合でも、私は妊婦さんの体幹部には手を触れない状態で、本人
の手でズレを戻してもらうようにしている。
協会では、自分でできるセルフセラピーの指導もしているので、妊娠する前
から、自分のズレは自分の手で解消できるように、練習しておいていただく
のがベストだろう。
 
 また、妊娠・出産がうまくいっても、産後にもトラブルは多い。
その代表が、授乳に関するものである。
母乳の出の良し悪しは、日々の健康状態はもちろんだが、ある程度、体質的
な部分にも左右されるようだ。
そこで、授乳時に、助産婦さんによる乳房のマッサージ(いわゆる「おっぱ
いマッサージ」)を受ける方もいる。
助産婦さんたちは、乳房をマッサージすることで、母乳の出を良くしたり、
乳腺炎の解消を行ったりする。
しかし、経験豊富な助産婦さんでも、手に負えないような乳腺炎もある。
丹念にマッサージをしても、何度も乳腺炎が再発してしまうのである。

 そのような乳腺炎の患者さんが、私のところに紹介されて来院されること
がある。
体を診てみると、みな、乳房そのものだけでなく、胸筋もしっかりと固く
なっている。
その原因は、単なる胸椎のズレなのだ。
骨がズレると、ズレた部分での血流が悪くなる。
それが胸椎なら、必然的に母乳の出も悪くなる。
だから、胸椎のズレを戻せば、胸筋がゆるみ、乳房も柔らなくなって、母乳
が出やすくなる。
当然のことながら、乳腺炎も起こりにくくなるのである。

 妊娠・出産・授乳は、ホルモンを介して、女性の体にめまぐるしい変化を
もたらす。
それらに伴って、体にはさまざまな不調が現れることも多い。
一般的には、妊娠も出産も授乳も、それだけ大変なことなのだから、体調が
悪くなっても仕方がない、そういうものだと思われている節がある。
しかし、その不調は、実は骨のズレが原因で発生していることが多いような
のだ。

 このように書くと、また、「何でもかんでも骨のズレか」と批判されそう
だが、私は、私の知り得た事実を伝えておきたいだけである。
ズレは万病の元などというつもりがないことは、拙著にも書いた通りである。

 

 さて、いうまでもないことだが、子どもをつくることは、この世に生まれ
てきた大きな目的の一つであり、子孫繁栄は人類共通の願いでもあろう。
だからこそ、旧石器のころには、わずか5千程度だった日本の人口が、今や
1億2千万を超しているわけだ。
しかし、意図する・しないにかかわらず、私を含めて私のまわりには、子ど
ものいない人生を歩んでいる人が多い。
もちろん、不妊治療に励んでいる方たちの、どうしても子どもが欲しいとい
う気持ちも理解はできるが、この世には、子どものいない人生という選択肢
もあることは、頭のすみにでも置いておいていただければと思う。
                             (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

メールマガジン月刊ハナヤマ通信登録

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved. 画像の無断転載はご遠慮ください