Vol.347 9/2/2015 

肺がんの本当の原因は何か

 

 前回の当誌では、日本人の死亡原因と、がんの死亡者数の統計を見る限り、
がんの早期発見・早期治療は、全く功を奏していない、という事実をお伝え
した。
なかでも、肺がんは、罹患者数・死亡者数、ともに増え続けており、他の
がんに比べて、死亡率が非常に高い厄介ながんである。
そこで、今回は肺がんについて、さらに詳しく見てみたい。

 先日も、ある新聞に、肺がんで妻を亡くしたという、がんセンターの医師
の手記が載っていた。
彼の妻は、早期の段階でがんが見つかったが、抗がん剤治療で、一旦はがん
が消えた。
しかし、再発して亡くなってしまった。
その亡き妻を思慕する、というような内容だった。
 
 まず、この記事を読むと、いくつか疑問が浮かんでくる。
国立がんセンターといえば、日本では、がん治療の総本山ともいえる存在だ。
そこの医師の妻なら、かなりの早期でがんが見つかったはずだ。
そのせいもあって、抗がん剤で、一度はがんが消えたのだろう。
しかし、抗がん剤で消えたはずのがんが、なぜ再発したのか。
がんセンターの医師の妻なのだから、最高レベルの治療が受けられたはずな
のに、なぜ助からなかったのだろうか。
 
 抗がん剤治療で使う用語は、一般の人にはわかりづらいので、少し説明が
必要だろう。
抗がん剤治療では、薬の奏効率(=有効率)という言葉がよく使われる。
抗がん剤の奏効率とは、投薬によって、がんの面積が半分以下に縮小した状
態が、一ヶ月以上続いたときに、有効だと判定するものである。
ここで多くの人は、薬が有効なのであれば、当然、それでがんが治るものだ
と勘違いする。
しかし、いくら抗がん剤の奏効率が高くても、治癒率が高くなるわけではな
いのだ。

 普通、検査で発見されるがんの大きさは、早期でもせいぜい 1cm ほどで
ある。
だが、たった 1cm のがんであっても、そこには10億個ほどのがん細胞があ
る。
抗がん剤治療で、がんが消えたとされる状態を完全寛解というが、肺がんの
ような固形がんが、抗がん剤だけで完全寛解することは、ほとんどない。
たとえ完全寛解しても、がん細胞が完全にゼロになっているわけではない。
その残ったがん細胞が、再び増殖し始めれば、検査上では再発したことにな
るのだ。

 がんと抗がん剤というのは、畑に生えた雑草と除草剤の関係に似ている。
雑草を根絶やしにしようとして、除草剤を撒けば、大事な作物までいっしょ
に枯れる。
その後、畑はまた雑草に覆われてしまうので、畑が台無しなる、つまり患者
本人は生き残れないのだ。

 

 当然のことながら、がん治療の最大の目的は、死亡率の低下である。
現在、肺がんの死亡率は、80%を超えているが、逆にいうと、20%近くの人
は、助かっている計算になる。
しかし、果たして、肺がん患者が抗がん剤治療で助かることがあるのか。
私の知る限りでは、どんなに早期で見つかっても、肺がん患者が抗がん剤で
助かった例はない。
実際に、がんセンターの医師の妻でさえ、早期発見でも助かっていないのだ。
肺がんの誤診率等を考慮しても、その死亡率はかなり高いといえる。

 それではなぜ、肺がんになるのか。
肺がんの原因と聞けば、ほとんどの人はタバコ、つまり喫煙のせいだと答え
るだろう。
医師たちも、喫煙によって肺がんが引き起こされるのは、疑いのない事実だ
といい続けてきた。
ところが、日本人の喫煙率と肺がんの関係を調べてみると、また新たな事実
が浮かび上がってくる。

 統計を見ると、男性の喫煙率は、1965年を境に急減しており、女性は14%
前後で大きな変化はない。
それなのに、肺がん罹患率だけは急増している。
統計の数字を見る限り、肺がんと喫煙率との相関関係はないのである。
発症までに30年のタイムラグがあるという説も見られるが、それでは、今世
紀に入ってもなお、肺がんが増え続けている理由の説明にはならない。

 また、統計上では喫煙をひとくくりにしていても、昔のタバコと今のタバ
コでは、その成分は大きく異なる。
私がタバコを吸い始めた頃は、ハイライトという銘柄のタバコが全盛であっ
たが、発売当時のハイライトは、もっともタールが少ないタバコだった。
それが今では、ハイライトは重いタバコの部類に入り、一般には、ニコチン
やタールの量が極端に少ない、軽いタバコが主流となっている。
それでも、依存性に変わりがないとしたら、ニコチンに代わる別の依存性の
物質が入っている可能性もある。
その成分が強烈な発がん物質であるなら、単に喫煙率だけを比較しても、意
味がないのかも知れない。

 では、喫煙と肺がんとは相関関係がないとすると、肺がんが増えている理
由は何なのか。
私は、その原因の一つが医療被曝だと考えていることは、以前にも当誌で書
いた。
そして、相変わらず、日本は世界一の医療被曝大国なのである。
日本では、子どもの頃から、毎年、定期健康診断で胸部エックス線撮影を強
制的に行っている。
社会人になっても、それが定年まで続くのである。
このような国は、他にはない。
胸部エックス線の被曝による被害は、日本の医療の現場では、あまり重要視
されていない。
しかし、海外のデータでは、胸部エックス線撮影1回ごとに、5.4%も肺がん
発生の割合が上がるというショッキングなデータまである。

 しかも、胸部エックス線で被曝するのは肺だけでない。
食道も被曝するし、女性ならば、乳房も同時に被曝しているのである。
試しに、部位別がん罹患者数を調べてみると、2008年の肺がんは、男性
67614人で1位、女性が29661人で4位になっている。

男女の数字に大きな開きがあることがわかる。
以前なら、喫煙率の差だといわれていたが、喫煙が関係ないとなれば、理由
は別にある。
そこで、肺がんの原因を、胸部エックス線による被曝だとすると、部位は
違っても、肺がんと食道がんと乳がんは、同じがんだと考えることができる。
そうすると、女性の乳がん罹患者数59389人と、肺がん29661人と食道がん
3248人を合わせると、92298人となり、男性の肺がん67614人と食道がん
17308人と合計した84922人となって、男女での罹患者数に、極端な開きがな
くなる。

 また、乳がんは、肺に転移しやすいがんでもある。
これは、発見の時期が違っただけで、実は転移ではなく、同時発生したがん
の可能性もある。
そのように考えていくと、胸部エックス線による被曝と発がんとの関係は、
つじつまが合ってくる気がするが、統計の数字というのは、扱いが難しいの
で、これはあくまでも私の推論である。

 しかし、医療被曝と発がんの因果関係について、医学誌ランセットに載っ
た研究によると、日本人の75歳までの発がんのうち、医療被曝が原因とされ
るのは、3.2%という数字が出ているそうだ。(※)
思ったよりも少ないが、それでも、この数字は他の国に比べると圧倒的に多
いのである。

 だが、医療被曝と肺がんとの関係は、喫煙との関係ほど、積極的には研究
されていない。
医療被曝による健康被害の証明は、医療の存在の根幹を揺るがす問題となる。
肺がんの早期発見・早期治療のメリットと、医療被曝による肺がんのリスク
は、相容れない問題でもある。
しかし、単に肺がんの死亡率だけをとっても、どちらを選択するかは考える
までもないと思う。

 本来なら、国は各人に対して、過去に受けた医療被曝線量の総量を記入す
る、「医療被曝線量手帳」を発行すべきではないか。
今は、薬の管理には「お薬手帳」なるものがある。
病院好きの患者が、あちこちドクター・ショッピングをしていても、この
「お薬手帳」のおかげで、調剤薬局で薬を一元管理できるようになった。
それと同様に、「医療被曝線量手帳」が普及すれば、患者本人だけでなく、
医療従事者の意識改革にもなるし、健康被害との因果関係も、自ずとはっき
りしてくるのではないだろうか。
むだな被爆を避けて、発がんのリスクを下げるためにも、ぜひ実施していた
だきたいと思う。

                             (花山水清)          

     (※)『数字で見るニッポンの医療』読売新聞情医療報部著
                             

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved.