Vol.341 3/4/2015 

幽霊の正体見たり骨のズレ

 何年かぶりの友人から「久しぶり~、元気ィ?」という電話がかかってき
た。
私に「元気か」と聞く場合、大体は本人が元気でないことが多い。
案の定、彼女も、ママさんバレーで膝を傷めて困っていた。
2ヶ所の整形外科を受診して、両方で「即、手術だ」といわれたそうだ。
 
 彼女はもともと体が丈夫なのが自慢で、その体格をいかして、ママさんバ
レーでは主力選手なのだ。
そのため、手術で長期間に渡って試合を欠場することは、チームにとって大
きなダメージである。
彼女に限らず、スポーツ選手には関節の故障がつきものだ。
そのせいで、引退を余儀なくされる選手も多いことは、よく知られた話だろ
う。

 そこで早速、彼女のひざを調べてみると、整形外科で診断されていたひざ
軟骨のせいではなく、やはり腰椎のズレが原因で痛みが出ているのであった。
そこで、腰椎のズレを矯正すると、当然のことながら、その場でひざの痛み
も消え、曲げづらさも解消した。
腰椎のズレがひざ痛の原因となる仕組みについては、拙著『からだの異常は
なぜ左に現れるのか』にも詳述したので、ここでは説明を省く。
もちろん、彼女は手術などすることなく、すぐにママさんバレーに復帰して
活躍している。

 

 では、整形外科での診断は、何だったのだろうか。
彼女の例は決して特殊ではない。
私にとっては、日常的によくみる症例なのである。
ひょっとすると、関節痛で引退しているスポーツ選手の多くも、実際には関
節そのものが原因ではなく、椎骨のズレが原因なのではないか。
 
 一般的には、スポーツ選手の関節痛といえば、外傷というイメージがある
かもしれない。
整形外科でも、内臓疾患などの特殊な原因を除外すれば、関節痛は外傷以外
の原因を想定していない。
私にしても、骨折や脱臼などの明らかな外傷に対しては手出ししない。
そのような場合は、整形外科や整骨院を受診すべきだと思っている。

 ところが、痛みが発生した経緯からみると、明らかに外傷だと思われる場
合でも、実際には骨のズレが原因のこともあるのだ。
例えば、今までに首や腰の痛みで何度も来院していた50代の男性がいる。
この前も、彼は首や腰の痛みで来院された。
それらの痛みは、いつも通り、ズレを戻すことで即、解消した。
彼も、それは当然のことだと受け止めている。
しかし、帰り際になってちょっと迷いながら、「先生、これは違うよね~」
といいながら、実は肩も痛いのだと訴えた。
聞けば、少し前にスノーボードで転倒して腕をひねって以来、肩の痛みが続
いているそうだ。
本人としては、明らかな外傷であったため、骨のズレによる痛みではないと
考えていたわけだ。
しかし、彼の頚椎を調べてみると、確かに肩に痛みを出すであろう部分にズ
レがある。
そこで、そのズレを戻したところ、その場で肩の痛みも消えた。
実際、こういう例はとても多いのである。

 それでは、外傷による痛みと、ズレによる痛みをどのように分けたらよい
のか。
その大きな違いは、外傷の痛みは時間とともに解消されるが、ズレが原因の
痛みなら、ズレが解消しない限り、同じ痛みが続く点にある。
極端な例では、例え腕を切断するような大きな外傷であっても、いつしか痛
みは消えていく。
切断したときの痛みが、生涯続くようなことはない。
それに対して、ズレによる痛みとなると、同じ痛みが何年も続いたり、別な
痛みに変わったりするのである。
 
 V・S・ラマチャンドランの著書『脳のなかの幽霊』に登場して話題になっ
た、幻肢痛という症状がある。
幻肢痛とは、切断されて、もう存在しないはずの手や足が、あたかも存在し
ているかのように痛みを感じるというものである。
つまり、「脳のなかの幽霊」というのは、既に失われたはずの手や足の痛み
は、脳が勝手に作り出した幻想だというほどの意味であろう。
現在、この幻肢痛の存在は、医学的にも常識化しており、あの養老先生も著
書で引用していた。

 しかし、幻肢痛は、本当に存在するのだろうか。
脳に、明らかな損傷部位でもあれば話は別だが、幻肢痛そのものは、メカニ
ズムが科学的に証明されているわけではない。
実際には、その幻肢痛だと呼ばれているもののなかには、骨のズレが原因の
症状も含まれているのではないだろうか。
要するに、「脳のなかの幽霊」の正体は、ズレではないのか。
私はそう考えている。
 
 痛みやしびれなどといった骨のズレによる症状は、いまだに病院では原因
不明だと診断される場合が多い。
そのため、脳が勝手に痛みを作っているのだろうと考える医師も多いのであ
る。
しかし、これは単に、脳が舌足らずなだけではないのか。

 

 例えば、ひざ痛の場合、脳は、体からの信号を受け取ったら、それをその
まま、「腰椎がズレています。そのせいで、ひざの部分に痛みが出ていま

す」と伝えてくれればよいのに、その大事な部分をはしょって、「メシ・フロ・ネル」のぶっきらぼうなお父さんのように、「ヒザ、イタイ」とだけ

いって、すませているのではないか。
現在、「脳が云々(うんぬん)・・・」という表現は、先端科学のニオイ
がして、マスコミも、医師ですらも好んで使う。
しかし、その肝心の脳は、言葉が足りない。
言葉が足りないと、どうしても誤解が生じるものである。
その誤解が、「脳のなかの幽霊」なのかもしれない。
それならば、体からフィードバックされた信号を脳が表現するとき、医療者
はしっかりと翻訳なり通訳してから解釈する必要があるだろう。
病院で入院患者から「毛布がほしい」といわれて、ただ、毛布を持ってくる
ようではダメなのだ。
それを「あ、寒いんだな。暖房が効いていないのかな。熱があって寒いのか
な」などと考えを巡らせる必要がある。
言葉の足りない脳を相手にするなら、通訳者なり翻訳者として、こういった
思考ができるかどうかが、医療者の役割の一つになってくるのだと私は思う。
                             (花山水清)

 後の号 ←                        → 前の号

メールマガジンバックナンバー目次

サイトマップ
(C)Hanayamasuisei.co.ltd. All Rights reserved.